【レビュー】mont-bell「ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ(#1130475)」

評価:4

モンベルの自転車用インナー。シリーズの中では中間に位置する暖かさの製品です。自転車ライド専用のカットと素材配置になっています。

購入動機

2017年になって発売された、モンベルの自転車専用アンダーシャツ。それまで、モンベルには自転車用のアンダーシャツというものは存在しませんでした。

関連記事

mont-bellの長袖インナー。独自の素材であるジオラインを使っており、軽量で速乾性に優れています。 購入動機 主に冬以外のロングライドで使用するインナーとして購入。 朝晩関係なく走るロングライドの場合、早朝と昼の気温差は20度[…]

私は自転車用が発売する前からモンベルのジオラインを愛用。その自転車専用が出るということで、もちろん反応。

2017年のクリスマスプレゼントとして妻から頂きました。

製品概要

実測重量は154g(Lサイズ)。

素材はジオライン(ポリエステル) 100%となっています。

カラーはブラックのみです。

使用感

春秋に加えて、厳冬期を除いた冬場のインナーウェアとして使用しています。

製品の位置づけ

2022年現在、モンベルの自転車用インナーは以下の3種類が販売されています。

モンベル公式サイトより引用

厚手で防風シートの入った真冬用の「ウインドテクトサイクルアンダーシャツ」。

前面に中厚手・背面に薄手の生地を使った「MWサイクルアンダーシャツ」。

前面に薄手・背面に速乾生地を使った「LWサイクルアンダーシャツ」。

今回レビューするのは「MWサイクルアンダーシャツ」で、ラインナップ中では中間の暖かさを持つモデルと言えます。

構造

モンベルの自転車用インナーがユニークなのは、前面と背面で使っている生地が違うことです。

前面には厚手の生地を配置し、走行中の寒さを和らげる狙い。

背面(+脇の下)には薄手の生地を配置し、排熱と透湿を促進して蒸れにくくするという思想です。

モンベルのジオラインには生地が薄い順に「LW」「MW」「EXP」の3種類がありますが、今回レビューする製品は前面に「MW」、背面に「LW」を採用しています。

重量

Lサイズで154g。ターゲットのシーズンを考えると相場どおりの重量です。特別軽くも重くもありません。

着心地

普段愛用している「ジオラインLWラウンドネックシャツ」と同様、サラッとした肌触りで着心地が良いです。

どうも私はウールインナーと相性が悪いのかチクチク感を感じてしまうのですが、ジオライン(黒カラーに限る)はそういったこともなく快適。

ジオラインの自転車用インナーは非自転車用と比べてフィット感が高めです。伸縮性の高い生地なので圧迫感はそれほどありません。

また、自転車用インナーの場合は前傾姿勢になるため、背面の裾が長めに取られた「ロングテールデザイン」を採用。更に前傾した時を考慮して、袖も長く作られているようです(手首が出にくい)。

袖もずり上がらないように手首にフィットする編み方をされています。袖口から冷気が入りにくくなる効果もあります。

防寒性

5~15℃くらいで快適ですが、5℃を切ると厳しいです。前面が厚手のジオラインMW生地を採用していることから、重量の割に防寒性は高いと思いました。

真冬にはもう少し厚手のインナーが欲しい所。そのために防風シート入の「ウインドテクトサイクルアンダーシャツ」が用意されているのだと思いますが。

速乾性

速乾性に定評のあるジオラインだけあって、乾きは速いです。

ただ、前面がやや厚めなジオラインMWだけあり、気温10℃以上で強度を上げると少し胸元に汗を感じます。淡々と走るブルベのような走り方ならば大丈夫だと思いますが。

防臭性

銀イオンが練り込まれたジオラインということで、臭いを抑えてくれます。

耐久性

夏場は使わない&それなりに生地の厚みがあるので、購入から4年経っても使えています。特別ほつれたり、くたびれている感はありません。

まとめ

春・秋・初冬に適したインナーウェア。

非自転車用のジオラインは少し袖口が短く感じることもあったのですが、自転車専用ということで前傾姿勢に合わせたカットになっていて快適です。

ただ、スイートスポットがちょっと狭いというか、一年のうちで適した季節が短めのようにも感じました。インナーに関して言うと薄手の生地のほうが汎用性は高いんですよね。

その意味では、前面と背面が今回レビューした製品より一段階ずつ薄い生地を採用した「LWサイクルアンダーシャツ」に興味が出てきています。こちらは真夏にも使えそうなので。

評価

対象モデル:  mont-bell「ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ(#1130475)」
年式: 2017年
定価: 4400円
購入価格: プレゼント
公称重量: 153g
実測重量: 154g

価格への満足度

プレゼントなので対象外

総合評価

8/10

バランスの良い自転車用インナー。使える季節が少なめ。

著者情報

年齢: 37歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)