【レビュー】ORTLIEB「サドルバッグ(2014-19年) Mサイズ」

この記事は約 6分で読めます。

評価:5

完全防水にこだわるブランド「オルトリーブ」のサドルバッグ。

2019年まで販売されていたサドルバッグシリーズのうち、中間サイズのモデルです。

2020年以降は形状が変化した「サドルバッグ2」シリーズに刷新されています。

目次

購入動機

いつどんな理由で買ったかは正確に覚えていません。気づいたら使っていました。

ブルベにおける定番サドルバッグ

宗谷岬600でもオルトリーブのサドルバッグを使用

オルトリーブのサドルバッグシリーズは2000年代から販売されているロングセラーモデルで、「バイクパッキング」が流行る前にはブルベにおけるユニフォームのごとく大半の人が使用していました。

左からS/M/Lサイズ

オルトリーブのサドルバッグはS/M/Lの3サイズがありますが、ブルベで多く使われるのはLサイズ。公称容量は2.7リットルとされていますが、どう考えても2.7リットルどころではないくらい荷物が入ります

実測したシクロツーリストの田村編集長によると、5.4Lも入るそうです。公称容量の倍。

これだけの容量を持ち、完全防水であることから、ブルベライダーに重宝されるのは自然な流れであったと言えます。

サイズが違っても共通な着脱方式

このサドルバッグは、サドルレールにアタッチメントを取り付け、そこにバッグ側のアタッチメントを差し込んで固定する方式を取っています。

前述の通り、オルトリーブのサドルバッグにはS/M/Lがありますが、このアタッチメントは共通です

つまり、サドルにアタッチメントを付けっぱなしにしておいて、「今日は荷物が多いからLサイズ」「今日はその辺を走るだけだからSサイズ」のような使い分けが可能になるわけです。

色々便利なMサイズ

ここで、今回レビューするオルトリーブ「サドルバッグ」シリーズと、現行「サドルバッグ2」シリーズのラインナップと容量を一覧表で示します。

サイズサドルバッグシリーズサドルバッグ2シリーズ
Sサイズ0.8L(なし)
Mサイズ1.3L1.6L
Lサイズ2.7L4.1L

今回レビューするMサイズは、オルトリーブのサドルバッグ三兄弟の中で中間の大きさです。

1.3Lというサイズは日帰りのツーリングには非常にちょうど良いサイズです。輪行用具とウインドブレーカー(簡易雨具)を入れて少し余裕があるかな、といった所。

ブルベでも300km以下ならば(別のバッグと併用すれば)十分な容量。400km以上の距離ではLサイズが欲しくなりますが、それより短いカテゴリだとMサイズが丁度よいのです。

「Mサイズはなんだかんだで便利なサイズ」ということで、一番使用頻度が高いのでした。

製品概要

実測重量は195g(アタッチメント除く、単体重量)。アタッチメントは36gです。

公称容量は1.3L。完全防水です。

発売当時はカラーバリエーションも豊富で、以下のカラーがありました。

カラー展開
  • スレート
  • シグナルレッド
  • オーシャンブルー
  • ライム

使用感

主に週末ライド(100km前後)、300km以下のブルベで使用しています。

今回レビューするのは、Mサイズのスレートカラーです。

生地

オルトリーブのサドルバッグは、2014年頃に形状はそのままに生地だけ変更となりました。

左が2014年以前の生地、右が2014年以後の生地です。

どちらも生地の厚みは変わらないのですが、新バージョンの生地のほうがデニール数が少ない感じがあります(裏から覗くと光が透ける)。

新バージョンの生地のほうが重量も軽くなっており、同じサイズで約10%ほどの軽量化を実現しています。

重量

単体実測で195g、アタッチメント込で231gです。

旧版の生地のMサイズは持っていないのですが、恐らくもう20g程度重かったはずです。

1.3Lで230gという重量は今となっては特別軽いものではありません。ただ、完全防水でここまで軽いバッグというのは今でも珍しいと思います。

取り付け

サドルレールとシートポストの2箇所に固定します。

サドルレールに取り付けたアタッチメントにバッグのアタッチメントをスライドして固定します。

27.2mmのシートポストに固定

もう一箇所はシートポストにベルクロで固定します。

このベルクロ、恐らく丸シートポストのみしか考慮していません。丸ければ31.8mmまでは問題なく付きますが、扁平なエアロシートポストだと長さが足りませんでした。

取り付けるとこんな感じになります。

容量

公称容量は1.3Lとありますが、実際にはもっと入ります。Lサイズと同様に逆サバを読んでいる可能性が高いです。

私はパンク修理用具と携帯工具はBB下のツール缶に入れているため、それ以外のものをこのサドルバッグに入れています。入れるのは以下のものです。

サドルバッグの中身
  • 輪行袋
  • エンド金具
  • フレーム保護カバー
  • 簡易雨具(ウインドブレーカー)

これだけ入れて占有率は6割といった所。4割くらい余裕があります。余った容量は、出先で何かお土産を買った時のために確保しておきます。

サドルバッグの方式によっては、中身が少ないと中で荷物が動いてしまうのですが、本製品は「ロールアップ」と呼ばれる方式を取っています。

口の部分を巻き上げて(ロールアップ)、バックルを締めることで口を閉じるわけですが、その回数はこのバッグの場合1-3回から選ぶことが可能です。バッグの中の荷物が少なければ3回巻き、多ければ1回巻く……といった具合。

内容量に対する許容度が広いのはこのバッグの美点です。

安定性

2点固定ですが、非常に安定しています。

2点と言いつつ、サドルレールとの固定は事実上の面固定。構造上、横に動かないので立ちこぎをしたときにバッグが振られることがないのです。

オルトリーブのサドルバッグは最大でも容量5L程度なので、それで足りない場合はバイクパッキング用の大型サドルバッグを使いますが、どうしても安定度は劣ります。2本のサドルレールに別個のストラップで固定する以上は、横の動きを完全に消せないからです。

荷物の量が5L以下で確実に収まる場合、未だに私がオルトリーブのサドルバッグを使っているのは、この安定性が気に入っていることが理由です。

足との干渉

オルトリーブのサドルバッグは、シートポストとバッグの間に、1cmほどのスペーサーが入っています。

これが存在することによって、微妙にサドルバッグが後ろにオフセットされます。これが結構大きい。

私のようにサドルの後ろ側に座る、いわゆる「後ろ乗り」の人間はペダリング中に太ももとサドルが当たることが多いのですが。この1cmのオフセットでかなり太ももとの干渉が緩和されます

それでも太ももが当たる場合は、ゆるふわーくすさんの20mmスペーサーを追加しましょう。

防水性

完全防水です。

ただし、ロールアップは2回以上しないと防水にはなりません。

被視認性

バッグ背面には反射材付き。結構目立ちます。

耐久性

恐らくこのバッグは2015年ごろに購入していますが、9年たった今も毎週のように使っています。

太ももに当たる部分の生地は少し薄くなってしまいましたが、まだ使えそうです。これだけ持つのは大したものです。

まとめ

完全防水であり、高い安定性を持ち、なおかつ足との干渉も抑えられたサドルバッグ。

Mサイズは日帰りのツーリングにちょうどよく、ブルベでも300km以下のカテゴリでは便利な大きさです。

バッグ自体の着脱も行いやすく、個人的にはLサイズとともに「至高のサドルバッグ」と考えています。


残念ながら現在はこのレビューしたモデルは手に入りません。「サドルバッグ2」が後継品として発売しており、容量1.6Lのモデルが旧Mサイズに相当する製品となります。

ロールアップ方式が変わってちょっと使いにくくなっていそうな印象がありましたが……今使っている旧Mサイズが結構ボロくなってきていますので、そろそろ購入して試してみようと思っています。

created by Rinker
¥6,135 (2024/07/17 14:52:37時点 楽天市場調べ-詳細)

評価

対象モデル:  ORTLIEB「サドルバッグ(2014-19年) Mサイズ」
年式: 2015年
定価: 6380円
購入価格: 5000円前後
公称重量: 250g
実測重量: 231g

価格への満足度

7/10

当時のサドルバッグとしては高価だったが、性能からすると納得。

総合評価

10/10

重量・防水・安定性。非常にバランスが良く、容量も丁度よい。素晴らしいサドルバッグ。

著者情報

年齢: 39歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: GHISALLO GE-110(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせていただきました。

記事のシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)

目次