【レビュー】OSTRICH「ダミーローター」

評価:5

OSTRICHの輪行用パッドスペーサー。油圧ディスクブレーキ車を輪行する際に、ブレーキキャリパーに挟むためのものです。

購入動機

ディスクロード「INFINITO CV」の購入を期に、輪行用具の一つとして購入しました。

油圧ディスクブレーキの場合、ホイールを抜いた状態でブレーキレバーを握ってしまうと、ピストンが飛び出したまま戻らなくなります。具体的には、ブレーキパッド同士がくっついてしまった状態になります。

わざわざ握る人もいないと思うのですが、輪行時に何かのショックでレバーを押してしまうケースは割とあります。出先でそうなった場合、マイナスドライバーなどで無理やりピストンを押し戻すことになりますが、この時にピストンを割ってしまうことも……そういった事態を防ぐために必要なのが本製品です。


以前ディスクロードを所有していた頃は、ダンボールの切れっ端をパッドスペーサーとして使っていました。

しかし、輪行中にダンボールが振動で抜けてしまい、更に何かの拍子にブレーキレバーが押されてしまったようで、悪夢のピストン飛び出しを経験することになりました。

それから約5年。輪行用具の第一人者、オーストリッチから便利なものが売られるようになっていました。しばらく輪行の予定も無かったものの、とりあえずこちらのダミーローターを購入したのでした。

製品概要

実測重量は4.4g(2個セット・後述のカスタム後)。

材質は革のようですが、硬質。厚みは2mmです。

真ん中に切れ込みが入っており、ここを少し曲げてから挿入すると抜けづらくなるとのこと。

使用感

先日、初めてのディスクロード輪行の際に使用しました。

関連記事

来年ブルベに使うなら、そろそろやっておかねばならんな……ということで、ディスクロードで初輪行をやってきました。 その際の所感を簡単に書いてみたいと思います。 ディスクロードの輪行について 初……と言っても、今回は「INFINITO[…]

カスタマイズ

使用前に、ちょっとしたカスタマイズを行いました。

本来、本製品に付いているゴム紐は丸断面のちょっと太いものです。これを、平らなタイプのゴム紐に差し替え。

これにより、重量は2つで8g→4gに。更にサドルバッグ内で専有するスペースも少しだけ減りました。

輪行で使用

ホイールを外した後、本製品をローターの代わりに挟みます。

挟んだら、ゴム紐をブレーキキャリパーに引っ掛けて抜け防止。このゴムが本当にコロンブスの卵。まず抜け落ちることはなくなります。

今回は真ん中の切れ込みを起こすことなく使いましたが、固定力は十分。パッキングを解いて組み立てする際にも外れていませんでした。

携行性

最初に付いているゴム紐は太くてそれなりにスペースを取りますが、平らなゴム紐に変えるとどこにでも入ります。重量も4gと、ほぼ誤差とも言える重さに抑えることが出来ました。

まとめ

簡単な構造ながら、非常によく考えられた製品です。油圧ディスクロード輪行の必需品と言えるでしょう。

恐らく、代用品は割と簡単に作れるとは思うのですが、厚みの絶妙さや、素材の曲がりにくさなど、諸々を勘案すると「買った方が安い」気はします。

今後のディスクロード輪行の際にも忘れずに持参したいと思っています。

評価

対象モデル:  OSTRICH「ダミーローター」
年式: 2020年
定価: 550円(税込)
購入価格: 550円(税込)
公称重量: 不明
実測重量: 4.4g(紐カスタム後)

価格への満足度

8/10

作る労力を考えると安い。

総合評価

10/10

必要十分な性能。軽量でよく考えられている。

レビュアー情報

年齢: 36歳 (レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。