【レビュー】OSTRICH 「L-100 軽量輪行袋」

評価:3

オーストリッチの定番輪行袋です。ラインナップの中で二番目に軽いモデルとなります。

購入動機

まだMTBに乗っていた頃(2007年)に輪行用に購入しました。

なるべく軽量なものが欲しいな……とは思ったものの、輪行袋の重さの相場は自分の想像よりも重く。結果として当時、最軽量クラスだったこちらの製品を選ぶことになりました。

製品概要

実測重量は外側の袋も併せて300g(ベルクロ、ベルト含まず)。今でこそこれよりも軽い輪行袋は出ていますが、当時としては最軽量クラスでした。

輪行スタイルとしては、両輪外しの縦型収納です。サドルとエンド金具、両脇をホイールで挟んで自立させます。たぶん、自転車の占有面積としては一番小さくなる形ではないでしょうか。

収納方向の前後は指定されており、袋の底部にイラスト付きでサドルとエンド金具の位置が示されています。

使用感

縦置き輪行袋としては一般的な作りです。自転車の格納にも特に不便なところはありません。

26インチMTB、700Cクロスバイク、700Cロードバイクを輪行した実績があります。700Cロードには少々タイトではありますが。

今は付属のベルクロは使わず、ダイソーで買った文書用の綴じ紐を使っています。以下でレビューした輪行袋に付いていたのが紐だったので、その方法を応用してみました。

関連記事

MARUTOの輪行袋。「Air」の名の通り、ラインナップの中で最軽量の製品です。 購入動機 輪行袋は嵩張ります。なので、短い距離ならば出来れば持ちたくは無いというのも正直な所。 しかし、数百キロ単位のサイクリングだとそういうわけに[…]

収納時のサイズも、ボトルケージに収まる大きさです。大抵のロングライドの場合、私のボトルケージのうち1つはこれで埋まります。

この輪行袋をもう6年間使っていますが、特に穴も開かずに使えています。さすが専門メーカーと呼ぶべきでしょうか。軽さの割りに耐久性はかなり高いです。

ちなみに、袋を入れる袋(通称・輪行袋袋)はもうボロボロです。こっちだけ別売りにして欲しい。

まとめ

王道かつ定番の輪行袋だと思います。

当初買ったときは「耐久性大丈夫?」と思っていましたが、まさか6年も持つとは思いませんでした。所々ほつれては来ていますが、まだまだ使えそうです。

今度は同社のSL-100も買って試してみようかと考えています。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 [L-100] 超軽量型 ブラック
オーストリッチ(OSTRICH)
売り上げランキング: 6,570

評価

対象モデル:  OSTRICH「L-100 軽量輪行袋」
年式: 2007年
定価: 6655円(税込)
購入価格: 6144円(税込)
公称重量: 235g (袋のみ?)
実測重量: 300g (袋本体+付属品)

価格への満足度

6/10

6年も持ってますし。

総合評価

6/10

定番には理由がある。ただ、少し重いか。

レビュアー情報

年齢: 29歳(レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。