【レビュー】PB SWISS TOOLS「BIKE TOOL」

評価:5

精度に定評のある、PB SWISSの自転車用携帯工具。各種工具に加え、タイヤレバーも付属。

購入動機

すくみずさんが、薦めていたことで興味を持ちました。

彼はチタン好きとして有名ですが、チタンボルト等を舐めないようにするために、出先でも精密な工具を求めていたとのこと。そこで行き着いたのがPB SWISSだそうです。精度が高く、さらにプラズマコーティングされていて耐久性・耐食性も高いとのこと。

ずっと気になっていたのですが、埼玉サイクルエキスポで現物を見て、ビットの美しさから即決で購入しました。

製品概要

実測重量は95g。ビットケースのカラーは5種類。

備える機能は以下です。

・六角レンチ(5mm)
・ビット
 ・マイナス
 ・プラス
 ・T25
 ・六角(2mm, 2.5mm, 3mm, 4mm, 6mm)
・タイヤレバー

5mmの六角レンチの先にアダプターを付け、そのアダプターにビットを装着して使用します。

使用感

軽量化のため、必要なビットだけ選んで携行しています。

精度

六角のネジ穴への食いつきが非常に良いです。携帯工具ながら、うちにある中では一番精度の高い工具かもしれません。

重量

公称98gで実測95g。携帯工具の中でも100gを切るものは珍しいので、軽量な部類に入ります。しかしもう少し軽く出来ないか?

考えてみると、携帯工具の中では使わない機能が結構あります。自分の自転車に使えない機能を持っていても仕方ないので、必要なものだけリストアップしてみました。結果として、私に必要なのは以下の機能であることが分かりました。

・2mm六角:ブレーキシュー
・3mm六角:ミラー、ブレーキ調整
・4mm六角:ブレーキ舟、ステム、シートクランプ、ヤグラ、ボトルケージ
・5mm六角:ヘッドキャップ、STI固定、FD/RD固定、ワイヤー調整
・プラス:サドルバッグ、RD調整

他に、チェーンリングの固定にはT30、ペダルの固定には8mm六角を使います。しかし、まず出先ではこの辺りは弄らないので、無視することにしました。

必要な機能だけ選んだら、53gになりました。携帯工具としては最高クラスの軽さかつ、精度も最高クラスのものが出来ました。他に求める機能があれば、ビットだけで単品買いできるので拡張も容易です。

使い勝手

本製品の場合、よく使う5mmの六角レンチは独立しているので手間が掛かりませんが、それ以外はビット付け替えの手間が必要となります。人によっては面倒と感じるかも。

ただ、いざ付け替えてしまえば、工具としての使いやすさは最高です。携帯工具でありがちな、細かい部分で作業がしにくいということもありません。トルクもしっかり掛けられます。

本製品の購入の一番のキッカケは、ビットの色でした。

1本1本違う色が付いています。この輝きはズルイ。プラズマコーティングらしく、表面の耐食性を高めるための工夫のようですが、わざわざビットごとに色を変えるあたりに遊び心を感じます。販売店の話によると、ここの社長は女性らしく、カラー展開にもこだわりがあるんだとか。

タイヤレバー

タイヤレバーは長さと形にこだわりがあるので、本製品付属のものは使っていません。樹脂性なので、それなりには使えそう。

まとめ

軽量かつ精度の高い携帯工具。さらに、自分の必要なビットを選ぶことでさらに軽量化も可能。私の目的に合致した製品でした。

見た目もよく、人によってはニヤニヤできる逸品でしょう。

created by Rinker
ピービー(Pb)
¥4,200 (2020/10/24 21:53:19時点 Amazon調べ-詳細)

評価

対象モデル:  PB SWISS TOOLS「BIKE TOOL」
年式: 2015年
定価: 5032円(税込)
購入価格: 4200円(税込)
公称重量: 98g
実測重量: 95g

価格への満足度

8/10

値段に見合う性能がある。

総合評価

10/10

携帯工具とは思えないクオリティ。

レビュアー情報

年齢: 31歳(レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。