【レビュー】SAHOO「ツールケース 750ml」

評価:4

中華ブランドのツールケース。公称750mlの容量となっています。

購入動機

ずっと使っていた下記のツール缶が廃盤になってしまいました。

関連記事

OGKの大容量ツールボトルの改善版。防水面が改良されています。 購入動機 ダウンチューブ下に付けるツール缶として、これまで以下の製品を使用してきました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://ca[…]

一応、何個か同じものをストックしましたが、それが尽きたら困る。ということで、同等のものを探してみることにしました。

すると、Amazonで本製品を発見。形を見るとOGKのツール缶によく似ています。いわゆる中華製品。発送も中国から直接のようで、2週間ほどで手元に届きました。

製品概要

実測重量は57g。公称容量は750mlとされています。

ボトルケージも付属しますが、バリが残りまくっていて非常にロークオリティなので、即捨てました。

使用感

OGKのTOOLBOX 700WPとの比較でレビューします。

主に、ダウンチューブ下に付けたボトルケージに入れて使用しています。

形状

形は全くと言って良いほど、OGKのものと同一です。ただし、SAHOOはMade in CHINA、OGKはMade in Taiwanです。

唯一の形状の違いは、口の形。SAHOOの方が口が大きくなっています。モノの出し入れはしやすいですね。

フタには返しが付いていないため、下記の防水改造を施すことが可能です。

関連記事

ハードタイプのツール缶の防水化について検討した内容について纏めました。 ここで言うツール缶とは、上記のようにプラスチックのボトルの開口部にネジ切りで蓋が付けられている製品を指します。 実験動機 私は主にブルベ等のロングライ[…]

重量

OGKは64g、SAHOOは57gと、こちらの方が少し軽いです。

ただし、SAHOOの方が密度が低いというか、握った感じは柔らかいですね。丈夫さはOGKの方が上でしょう。

容量

OGKは700ml、本製品は750mlの容量とされていますが、形状が一緒なので容量は変わらないと思います。実際、中に入るものの量は変わりませんでした。

まとめ

OGKのツール缶とほぼ同等の製品。コピー製品なのか、OEM元が作っているのかは判別出来ませんが、実用に足るクオリティはあります。多少柔らかいのは気になりましたが、数百キロ走ってもボトルケージからの脱落はありませんでした。

完全防水にする改造ができるのも大きいです。OGKのモデルは完全防水にすることが難しかったので。ブルベ用のツール缶としても使っていきます。

気に入ったので、Aliexpressで2個まとめ買いしました。

評価

対象モデル:  SAHOO「ツールケース 750ml」
年式: 2020年
定価: 不明
購入価格: 856円(税込)
公称重量: 不明
実測重量: 57g

価格への満足度

10/10

とても安い。

総合評価

8/10

安定して使えるツール缶。

レビュアー情報

年齢: 35歳 (執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。