【レビュー】SHIMANO「DURA-ACE SM-BB9000」

評価:2

SHIMANOのDura-Ace9000シリーズのBB。BB自体の径が小さくなっています。

購入動機

スチールフレーム用に購入。

久しぶりのねじ切りBBと言うことでCHRIS KINGを入れるか迷いましたが、やはり入手性と値段からSHIMANOにしました。BBの値段はグレードでの差が小さいので、迷わずDuraです。

製品概要

重量は未測定。ホローテックII用です。

BB-7900までは44mm径でしたが、本製品の世代から38mm径に小型化されています。

使用感

QUARKのスチールフレームに付けて使用しています。取付は店にお任せしました。

重量

BB-7900と比べて24gの軽量化。軽量化のコスパ的には悪くない選択です。

回転性能

フレームが別だったので正確な比較になるかは不明ですが、BB-7900と比べて特別良いとか悪いとかは体感出来ません。

耐久性

今の所、1か月間で使用1000㎞ほど。雨の中も走りましたが、さすがにこの距離では異音等は発生していません。過去のレビューを見ると耐久性に難アリに見えるので、しばらく使って見て追加レビューします。

見た目

一番良いなーと思ったのはここです。

目論見通り、BBシェルとBBの間で段差が全く出来ませんでした。以前の44mm径だと、BBの径の方が大きく段差が出来てしまったはずです。小型化したことにより、スチールフレームのBBシェルと段差が出来なくなったわけですね。SHIMANOが計算してやったのかは不明ですが、この見た目は気に入っています。

逆に、BBの太いカーボンフレームだと逆の段差が出来てしまうはず。以前乗っていたSPECIALIZED ROUBAIXにも同じくBB-9000を付けていた時期があるのですが、BBシェルの太さに反してBB径が小さすぎて見た目がイマイチでした。

もはやカーボンフレームの大多数はBB86等の圧入式が標準になっています。ねじ切りBBを使う自転車の大多数は金属フレームのはず。そうなると、この細さが見た目的には良いのかもしれません。

まとめ

軽量・小型のBB。

スチールフレームには良くマッチするでしょう。逆にカーボンフレームだと不自然な段差が出来ます。

追記(2019/02/14)

当初は評価を★3にしていましたが、★2に格下げしました。

理由は耐久性の低さ。5000km程度でゴリゴリ感と異音が出てしまい、結構な頻度で交換することになったのが理由です。

原因は恐らくベアリングの小径化。ベアリングが小さくなると中の玉も小さくなり、結果として単寿命になるそうです。まさにその通りになっていたと思います。

スチールフレームに付けたときの見た目は好きなのですが、ベアリングは大きさが正義のようですね。結局、2本目のスチールフレームは大きめのベアリングを採用しているCHRIS KINGにすることにしました。

created by Rinker
クリスキング(Chris King)
¥21,000 (2021/02/27 22:17:38時点 Amazon調べ-詳細)

評価

対象モデル:  SHIMANO「DURA-ACE SM-BB9000」
年式: 2017年
定価: 3592円(税込)
購入価格: 3000円前後
公称重量: 65g
実測重量: 不明

価格への満足度

8/10

Duraにしては安い。

総合評価

4/10

見た目は良かったが耐久性は前の世代より大幅に落ちている。

レビュアー情報

年齢: 32歳 (執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。