【レビュー】SHIMANO 「XC30 (SH-XC30)」

評価:4.5

SHIMANOのMTB向けSPDシューズの中でも一番安いモデルです。以前は「SHIMANO M0**」というコードだったものが「XC**」というコードに変わりました。

購入動機

私はロングライドには必ずSPDを用いますが、だいたい1年ほど使うと靴がヘタってきます。具体的には、足首部分が広がってホールドが緩くなります。

IMG_3404.jpg

左が新しいシューズで、右が1年3ヶ月ほど使ったもの。足首がかなりガバガバになっていることが分かります。こうなると、膝の軌道が変わってしまい、痛みが出ることが有ります。もちろん、膝痛の原因は人によるので、別に足首部分がヘタっても大丈夫という方は居るのでしょうが。私の場合は大体1年で買い替えます。

前のシューズを買ってから一年が経過したので買い替えました。

 ・SHIMANO M075
 ・SHIMANO M076
 ・SHIMANO XC30
 
今までの遍歴はこんな感じです。

XC30LとXC30Sという2モデルがあるようですが、カタログスペックを見る限り特に差は見られません。Lが黒で、Sが白を指すようですね。

概要

重量は、両足で公称609g(クリート無)。実測(43サイズ)で両足752g(クリート有)でした。クリートは片側30gほどなので、片側346g。公称重量は40サイズですが、ちょっとサバ読み過ぎ?ただ、前モデルのM076は片側376gだったので、軽量化は達成されています。

ちなみに、靴裏にグリップのあるSPDシューズで300g台前半はかなり軽いです。軽量で有名なSPECIALIZEDのS-WORKSシューズのMTB版の公称重量が310gなので、ほぼ同等の重量です。

使用感

まず、フィット感は良好。私の足はSHIMANOの足型に合っているようです。

IMG_3405.jpg

固定はベルクロ3本の方式ですが、2本目だけオフセットされています。トリプルオフセットベルクロストラップと呼ぶようです(By Wiggleの商品説明)。この単純な構造が軽量性の秘密のようですね。

ソール剛性はそこそこですが、あまり剛性があっても足裏が痛くなってしまうのでロングライドならこのくらいの剛性が良いですね。

そして色。自転車が赤黒なので、この色はかなり気に入ってます!

まとめ

グレードとしては一番下なのですが、軽量かつ足型にも合っているので重宝してます。賞味期限は短いですが、この値段ならそこまで気になりません。

毎年買い換える頃には新モデルに変わってますが、今後もこの色で出してくれないかなぁ……。

評価

対象モデル:  SHIMANO「XC30 (SH-XC30)」
年式: 2014年
定価: 12320円(税込)
購入価格: 7888円(税込)

価格への満足度

8/10

安くて軽量。

総合評価

9/10

ブルベでかなり活躍したシューズでした。

レビュアー情報

年齢: 29歳 (レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。