【レビュー】SKS 「CAGE BOX」

評価:3

ドイツメーカー、SKSの大容量ツール缶。恐らく、普通に手に入る中では最大の容量(900ml)を誇ります。

購入動機

ロングライドのために、とにかく多く入るツール缶が欲しくて購入。

製品概要

実測重量は86g(公称80g)。容量は900ml。

カラーはオレンジとブラックの2種類。私が持っているのはオレンジです。

中に入れる荷物を収納するための袋が付属します。内部にウレタン等の衝撃吸収剤が入ってないので、この袋で音鳴りを防げということでしょうか。袋は紛失。

使用感

シートチューブに取り付けたボトルケージに入れて使用しました。

容量

さすがに容量は大きく、普通のツール缶では入らないチューブラータイヤも格納可能。さすがに1本のみで2本は入りません。というか、他のものは入りません。

携帯ポンプも入れることは出来ますが、ミニモーフはギリギリ入りませんでした。

音鳴り

内部にウレタンは貼られていないので、ある程度パンパンに中身を詰めてないとカタカタと音はします。

内袋を使うのが正しい方法なのでしょうが、紛失してしまったのでジップロックで代用。これで音鳴りはかなりの割合で防ぐことが出来ます。

防水性

これを使って雨中を走ったことは有りません。なので、シャワーで水をかけてみました。やはり、フタの隙間から浸水しますね。とはいえ、シートチューブに立てて使用する分には浸水も少なそうです。

その他

フタの分、高さが大きいので、スローピングのキツいフレーム(私の持っている中ではRoubaix)ではトップチューブとのクリアランスがギリギリでした。出し入れもしにくい。

スローピングがキツくなくても、ボトルケージによってはかなりギリギリ。フレームサイズによっては入らないこともあると思います。

何か高さの低い他のフタが流用できると良いのですが……そもそも、このフタの穴はどうやって使うのか、未だによく解りません。

まとめ

他に無いほどの大容量を誇りますが、取り付けられるフレームを選びます。

フタの出っ張りでで2cmくらい大きくなっているので、これが無くなれば使用可能なフレームも増えると思うのですが……。

若干、底の方が細いのも気になるところ。安定性に難が有ります。ダウンチューブ(下)に取り付けるには向かないでしょう。

現在、私はシートチューブ、ダウンチューブ(上)には飲み物用のボトルを入れていることが多く、ツール缶はダウンチューブ(下)に付けるのみ。そうなると本製品は大きすぎるので、最近は使っていません。

SKS ケージボックス(CAGE BOX) ツールボトル
SKS
売り上げランキング: 56,444

評価

対象モデル:  SKS「CAGE BOX」
年式: 2011年
定価: 2160円(税込)
購入価格: 1600円(税込)
公称重量: 80g
実測重量: 86g

価格への満足度

4/10

ツール缶の中でもトップクラスの値段。

総合評価

6/10

容量は唯一無二、フタの大きさが気になる。

レビュアー情報

年齢: 30歳 (レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。