【レビュー】SPECIALIZED「MINI WEDGIE SEAT BAG」

評価:4.5

SPECIALIZEDの小型サドルバッグ。

購入動機

箱根ヒルクライム向けにSPECIALIZEDのPOWER ARCサドルを買ったんですが、具合が良いので引き続きレース用マシンで使うことにしました。

困ったのがサドルバッグの扱い。従来はFIZIKのサドルのみに付けられるICSサドルバッグを使用していました。

SPECIALIZEDのサドルには勿論取り付けられないので、家にある他のサドルバッグを探したのですが……適当なものが有りませんでした。大型サドルバッグマニアなので、大型のものは売るほどあるんですが、小型のものは数えるほど。そして、ほとんどはアダプタをサドルレールに固定するタイプです。この手のものはカーボンレールに対応していないものが多いので、できればストラップ型の方が望ましい。

という事で、要件は以下。

・ストラップ型のサドルバッグ
・容量は0.5-0.8L

この条件で探した結果、該当したのが本製品でした。サドルと一緒のメーカーですし、相性も良いだろうと。「SCOTTのフレームにSPECIALIZEDのバッグはどうなんだ?」とも思いましたが、既にサドルを付けているので細かいことは気にしないことにしました。

製品概要

実測重量は56g。容量は0.8リットルです。

チューブの傷つき防止の為、工具を収めるネオプレーン製の仕切りがあります。一応、表面は防水加工で止水ジッパーを使用していますが、完全防水というわけではありません。

使用感

SCOTT FOILに取り付けて使用。レース用バイクなので、短距離走行がメインです。サドルは、SPECIALIZED POWER ARC。

形状はオーソドックスな流線型。サドルレールとシートポストの3点で固定します。シートポスト側のストラップ長には余裕があり、エアロポストでも問題なく回ります。止水ファスナーを採用していますが、動きはスムーズ。

内側のフタ部分に携帯工具の収納スペースがあります。現在、サドルバッグに入れているものは以下の通り。

・チューブ
・携帯ポンプ+お助けチューブ
・タイヤレバー
・携帯工具
・ワイヤーロック

ご近所しか行かないので、最低限の装備のみ。この量がピッタリ収まるサイズ感です。

このタイプのサドルバッグの場合、横への張り出しが太ももに当たるのが気になることがあったので、その点を心配していました。本製品は幅を絞っており、全く太ももには当たらず。安定感もしっかりしており、音鳴りや振動等が無く、存在を忘れてしまうほどでした。

一点気になったのは、縫製の質。サドルバッグの左右で明らかに縫製の質が違ったのはちょっとマイナスですね。ほつれてきそうにはないので使用上は問題ないのですが。

まとめ

パンク修理用の装備+鍵がちょうど収まるサイズのサドルバッグ。100km以下のライドが中心の方ならば、これで十分でしょう。

なお、2018年のカタログには本製品は掲載されていません。廃版のようです。代わりにラインナップされたのは、ロールアップ式の大きめのバッグ。容量としては本製品の1.5倍くらいでしょうか。近場中心だと持て余しそうなサイズです。

個人的には、「サドルバッグは大は小を兼ねない」と思っているので、できれば本製品のような1リットル以下の容量のものもラインナップし続けてほしいですね。ロングライドと近場のライドでは、サドルバッグに求められるスペックも違ってくると思うのです。

評価

対象モデル:  SPECIALIZED「MINI WEDGIE SEAT BAG」
年式: 2017年
定価: 2376円(税込)
購入価格: 2376円(税込)
公称重量: 不明
実測重量: 56g

価格への満足度

8/10

軽量さと品質を見ると割安。

総合評価

9/10

ご近所用途には完璧にマッチ。若干左右非対称な面でマイナス。

レビュアー情報

年齢: 33歳 (執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。