【レビュー】Tomight 「300PSI 携帯式ポンプ」

評価:4

Tomightブランドの携帯ポンプ。300PSIまでの超高圧対応です。

購入動機

モノとしては、以下のポンプと同じです。

関連記事

Gyueの携帯ポンプ。デュアルチャンバー構造採用で、高圧でも極めて小さな力でポンピング出来るのが特徴です。 購入動機 ディレイラーマニアのもつなべさんから教えてもらって購入。   「例のポンプっぽい構造で少し小さいのを見つけました[…]

上記レビューのポンプはシルバーのみ。私はブラックのほうが好みなので、こちらも購入してみました。

製品概要

実測重量は89g。全長は178mm、直径は22mmです。

対応気圧は20気圧(300PSI)。例のポンプと同様。

口金は初期状態では米式対応。ポンプヘッドを引き出すことで仏式に対応します。恐らく、ねじ切りバルブのチューブ専用です。

使用感

先述の通り、Gyueのポンプと同じものです。付属品も同じ。底の吸気口の部分のネジが緩んでいるところまで一緒でした。使う前に締める必要があります。

ただ、箱が豪華です。300PSI推し。

裏にはスペック。型番がちゃんと書かれてますね。HQ-66A。

一応、実際に空気も入れてみました。感触はGyueよりなぜかこっちの方が良いので(オイルの指し具合とかでしょうが)、こっちをしばらく使ってみようかと思っています。

まとめ

色違いの、例のポンプミニ。黒が好みの人はこちらを選べばよいのではないでしょうか。

しかし、どれも底の吸気口のネジが緩んでるのは何故なんでしょうね……ここ緩んでると内部圧縮が効かないので効果が半減なのですが。組み立てがいい加減なのかな。

評価

対象モデル:  Tomight「300PSI 携帯式ポンプ」
年式: 2019年
定価: 不明
購入価格: 980円(税込)

価格への満足度

6/10

同一製品であるGyueより高いので。

総合評価

8/10

小ささと性能のバランスは良い。が、若干パワー不足か。

レビュアー情報

年齢: 34歳(レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。