【レビュー】TOPEAK「ROADIE 2STAGE」

評価:3

TOPEAKのロードバイク用携帯ポンプ。大容量(HV)モードと、高圧(HP)モードを切り替えて使うことが出来ます。

購入動機

「気になる」と書いていたら、ちょうど誕生日のタイミングで知人がプレゼントとして送ってくれました。

大阪のK様、ありがとうございます。

プレゼントを評価するのも無粋なんですが、「このポンプ、気になっている人が多いと思うので是非評価してください」とKさん。いつも通りレビューします。

関連記事

アメリカ・ブラックバーンの携帯ポンプ。 「2Stage」の名の通り、高圧モードと低圧モードを切り替えられる仕様になっています。 購入動機 ワイズロードで980円で安売りされていたのを見て購入。 こう言った、「高圧⇔低圧」の切[…]

とはいえ、この手の「大容量⇔高圧」切替タイプのポンプは↑のポンプで低性能であることが分かっていたので、あまり性能には期待していませんでした。

製品概要

実測重量は90g(単体・ブラケットなし)。口金は仏式バルブ専用です。

全長は162mm。

対応気圧 1ストロークあたりの空気量
STAGE1 (High Volume) 5bar 40.8cc
STAGE2 (High Pressure) 11bar 11.2cc

参考までにRoadie TTと、Roadie TT miniのスペック表も併記します。

 

対応気圧 1ストロークあたりの空気量
Roadie TT 11bar 41.4cc
Roadie TT mini 11bar 31.6cc

使用感

自宅内でポンピングテストを実施。対象のタイヤはVittoria Rubino Pro Speed(25C)です。

比較対象は、同社製品で内部圧縮機構を持つ「ROADIE TT」「Roadie TT mini」です。

重量

実測重量は90g。公称重量89gなので、ほぼ公称通り。

Roadie TT miniが実測89g、Roadie TTが実測102gなので、TT miniとほぼ同重量です。

大きさ

162mmと、TT miniの165mmとほぼ同じです。

このサイズであれば、標準的なサイズのツール缶・ツールケースに格納が出来ます。

ロック機構

ROADIE TTと同じく、シリンダーの飛び出しを防止する機能が付いています。詳しくは以下の動画を見てください。

同様の仕組みは、TOPEAKの「マイクロロケットALT」などにも存在し、「ツイストロック機構」と呼ばれています。

使用法

パッケージ裏側を見ると、「5気圧(75PSI)まではHV(HighVolume)モードを使う」「5気圧以上は、HP(HighPressue)モードを使う」とのこと。

底部に切り替えスイッチがあり、ここを回転することでモードを切り替えます。

性能

まずはHVモードでポンピング。「これ以上押せない」となった段階で空気圧を計測。その後は、HPモードでポンピングを実施しました。

対象のタイヤはVittoria Rubino Pro Speed(25C)です。

HVモード: 120回 → 3.4気圧
HPモード: +200回 → 4.8気圧

HVモードでは5気圧まで対応とのことでしたが、私には3.4気圧が限界。

HPモードに切り替えると一気にポンピングは軽くなりますが、1ストローク辺りに入る空気量は1/4になります。まだまだ入りそうでしたが、一旦200回で打ち止め。

計320回のポンピングで4.8気圧となりました。

ちなみに、ほぼ同重量で同サイズのRoadie TT miniのテスト結果(タイヤは同じ)は以下です。

300回 → 6.0気圧

全体的な労力で言えば、TT miniのほうが少なかったように思います。

追加テストとして、7気圧までフロアポンプで空気を入れた後に、HPモードでポンピングしてみました。この気圧でも、割と軽い力で入ります。1ストロークあたりの空気量は少ないですが、高圧対応に偽りは無さそう。

関連記事

アメリカ・ブラックバーンの携帯ポンプ。 「2Stage」の名の通り、高圧モードと低圧モードを切り替えられる仕様になっています。 購入動機 ワイズロードで980円で安売りされていたのを見て購入。 こう言った、「高圧⇔低圧」の切[…]

こちらのポンプはHPモードでも5気圧で限界でしたが、それに比べるとHPモードの性能はしっかりしています。

構造

TOPEAKがRoadieシリーズとして出すので、「例のポンプ」的な内部圧縮機構が入っているかも……と思いましたが、入っていないようです。ピストンを引いた時に特に抵抗感が無いので。

携帯ポンプとしては一般的な構造ではあるはず。HPモードに切り替えた際には、気室を小さくし、空気を送り込む際の穴の大きさも小さくしていると推測します。

その他

表面加工はRoadie TTと差があります。

Roadie TTには滑り止めのための小さな凸凹が入っていましたが、Roadie 2Stageにはそういった加工がありません。HPモードではポンピングが軽いから不要という判断?

まとめ

ちょっと使い所が難しい携帯ポンプ。

HPモードの高圧性能は確かですが、1ストロークあたりの空気量が少なすぎる(=ポンピング回数が増えすぎる)。腕力がある人ならばHVモードだけで5気圧まで持っていけるのかもしれないし、昨今のチューブレスタイヤであればそれだけ入れば十分かもしれません。でもそれならHPモードの使い所がありません。

重量・大きさ・価格が同等で、性能もいいRoadie TT miniがあるので、「Roadie 2Stageじゃないと」という使い所が思い付かないです。

ポンピング回数が増えても苦にならない人であれば、選択肢としてはありかもしれません。

なお、テスト後にプレゼントしてくれたKさんに確認しましたが、彼もこのポンプに対する評価は似ていました。気になっていたポンプをテストする機会を与えてくれたKさん、ありがとうございました。

評価

対象モデル:  TOPEAK「ROADIE 2STAGE」
年式: 2022年
定価: 5390円(税込)
公称重量: 89g
実測重量: 90g

価格への満足度

プレゼントのため対象外

総合評価

6/10

HVモードは5気圧までは入らず、HPモードは1ストローク辺りの空気量が少ない。使い所が難しい。

レビュアー情報

年齢: 38歳(レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)