【レビュー】若林製作所「壁美人 ギターヒーロー」

評価:5

石膏ボードの壁に、なるべく跡を残さずにギターを壁掛けするためのフック。流用して、自転車のフレーム掛けにしてみました。

購入動機

押し入れに3本ほどロードフレームがあります。どれも思い出の品で捨てることが出来ず、かと言って売れるほどの価値もないので、押し入れの肥やし状態になっています。

ロードフレームは軽い割に押し入れで場所を取るもの。重ねることも難しい。という事で、なんとか壁に掛けられる方法を模索していました。

ホームセンターで壁掛けフックのコーナーを見ると「ギターヒーロー」なる製品を発見。「壁美人」と言う、プラ板+専用ホッチキス針で固定するタイプの製品シリーズで、大小さまざまなフックがあります。ホッチキス針の太さはかなり細いので、壁にも跡が残りにくいのが特徴。そして、耐荷重は8kg。これは行けるのではないか?

早速、購入して実験してみることにしました。

製品概要

壁掛け用の金具とフックが一体になったものと、プラ板、ホッチキス針のセットです。フックは滑り止めのゴムが付けられており、角度を変えることが可能。

一般的な石膏ボードの壁専用で、耐荷重は8kgです。

使用感

SPECIALIZED ROUBAIXのフレームを壁に掛けてみました。フレームセットで重量は約2kgほどです。

取り付け

以下の順番で取り付けます。

 壁 – 金具 – プラ板

そして、専用のホッチキス針をプラ板の上から壁に刺して固定。32箇所固定するのでけっこう手間はかかります。

「ホッチキスの針でちゃんと付くの?」と思う方もいるでしょうが、プラ板による面の圧力で固定するので結構丈夫です。

壁掛け

早速、掛けてみました。なかなか良い具合です。収納としてだけではなく、これならばインテリアにもなります。

心配だったのは、「フックの長さがトップチューブの幅に対して十分か?」という点。これも問題なし。ROUBAIXの太いトップチューブでも幅に余裕がありました。

スローピングが強いROUBAIXのフレームも問題なく掛けることが出来ました。フック部分は360度回転するので、更にスローピングが強くても掛けることは可能でしょう。

壁からの距離も、フレーム単体なら全く問題がありません。耐荷重的には完成車を掛けることも可能なはずですが、ハンドルやペダルの幅があるので、単体で取り付けるのは不可能でしょう。

その他

KinGiさんから「ホイールも掛けられるのでは?」と言われてやってみました。

確かに掛けられますね。ただ、ホイールならばもう少し小さなフックでも良さそうです。

まとめ

なるべく壁に跡は残したくない。でもフレームをスッキリ収納したい。そんな要望に応えてくれる製品です。

ネックは、3000円という値段でしょうか。当初はちょっと割高であるとは感じましたが、ディアウォール+ツーバイフォー材を使うよりは手間も遥かに少ないのも事実。結局、私はそれだけの価値があると判断しました。

ちなみに、自転車本体を掛けるための製品も同社から出ています。その名も「BIKE MAN」。15kgまで対応しているそうです。

評価

対象モデル:  若林製作所「壁美人 ギターヒーロー」
年式: 2018年
定価: 3300円
購入価格: 3300円(税込)

価格への満足度

6/10

手間を考えると妥当な価格。

総合評価

10/10

押し入れで場所を取るフレームをインテリアに。

レビュアー情報

年齢: 36歳(レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。