【レビュー】ゆるふわーくす「Garmin ハンドルバーマウントブラケット互換品」

評価:5

同人サークル「ゆるふわーくす」のeTrex用マウント。形状が調整されており、脱落やガタツキが減ります。

購入動機

長いことブルベでeTrex30を使っていますが、何度かすっぽ抜けて脱落したり、舗装状態の悪い道ではガタツキを感じることがありました。

長く使っていたのは、Garmin純正のもの。しかし昨今、自転車仲間のてつやんさんのサークル「ゆるふわーくす」でもオリジナルのマウントを出したということで、使ってみることにしました。

3Dプリンタのオリジナル製品で有名なゆるふわーくすさんですが、こちらの製品は海外製。それを、てつやんさんが脱落防止のための形状に加工しているそうです。

製品概要

実測重量は14.2g。タイラップ2本が付属します。

以下のGarminのGPSに対応しています。

eTrex/Colorado/Oregon/Dakota

使用感

ブルべ用のロードバイクに取り付けて使用しています。使用期間は半年、走行距離は5000㎞ほどです。脱落したときのために、eTrex側にはストラップを付けてステムに巻きつけてあります。

重量

純正品と同等です。

加工場所

ゆるふわーくすさんによると、こちらの3か所を加工しているそうです。

ホールド力

純正品よりもガタツキが少なくなります。それでいて取外しに必要な力が増えていないのが良いですね。

ただし、使用していくうちに磨り減るため、少しずつホールド力は低下します。

耐久性

純正品よりもやや削れやすい印象があります。半年の使用(特に雨天ライドが原因と思われる)で、購入当初には無かったガタが出て来ました。

Garmin本体よりも硬い素材を使ってしまうと、マウント側ではなく本体側が削れてしまうはず。それを防ぐために、わざと柔らかい素材を使っているはずで、定期的な買い替えが必要となるでしょう。

まとめ

純正品よりもホールド力の高いマウント。RAMマウントにはさすがに敵いませんが、振動と脱落のストレスは減ると思います。もちろん、100%脱落を防いでくれるわけではないので、ストラップは必ず付けることをオススメします。

購入から半年、何度か大きな段差ですっぽ抜ける事案が発生したので、新品を再購入することにしました。値段も安いので、半年ごとくらいに交換することで性能を保てるはずです。

■商品説明 GarminのeTrex、Colorado、Oregon、Dakota用のハンドルバーマウント互換品です。 …

評価

対象モデル:  ゆるふわーくす「Garmin ハンドルバーマウントブラケット互換品」
年式: 2019年
定価: 700円(税込)
購入価格: 700円(税込)
公称重量: 14.2g
実測重量: 14.2g

価格への満足度

10/10

安いので気軽に変えられる。

総合評価

10/10

素晴らしい互換品。

レビュアー情報

年齢: 34歳(レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。