姫街道ルート(国府~浜松)

浜名湖を北回りで突破するコースです。国府駅前から姫街道と呼ばれる旧道を使い、天竜川手前で主ルートに合流します。

ルート概要

浜名湖の南を回るよりも距離は短く、信号が少ないですが道幅が狭くアップダウンが多いコースです。田舎道なので、補給場所も多くありません。

・距離が5.8km短い。
・信号が少ない。
・道が狭い。
・アップダウンが多い(獲得標高が主ルート+170m)。
・補給所が少ない。

ポイント

迷いやすいポイントの解説です。

国府駅前

国府駅前から脇道に入り、そこから姫街道へ。

100mほど手前の追分交差点が姫街道の起点なのですが、名鉄名古屋本線を越えるための陸橋が自転車通行不可なのです。そのため、少し先の国府駅前から回り道をし、佃交差点から姫街道に入ります。

本坂トンネル

1.5kmほどの長いトンネルです。道は細いので追突されないように注意。一応歩道もありますが、狭いです。

トンネルを抜けたら浜名湖の北側に出ます。

下気賀交差点

基本的には国道362号線を行くのですが、下気賀交差点から先は浜名湖鉄道の南側を走ったほうが距離が短いです。

天竜川手前

国道1号線の天竜川橋ではなく、その一つ南の県道261号線で天竜川を渡ります。

合流するまでのルートは何通りか考えられますが、今回はなるべく曲がらないルートで引いてみました。もっと良いルートがあるかもしれません。

 

(姫街道ルート(国府~浜松)・完)