追分ショートカットルート(追分駅周辺)

  • 2018年7月8日
  • 2020年2月27日
  • 関→本宿
  • 599View
  • 0件

四日市の手前で旧東海道を通るルートです。

ルート概要

東京→大阪の場合は右折が2回発生するので使い物にならないのですが、大阪→東京の場合は大きなリスク無く200mの距離を短縮可能です。

この道は元々の東海道であった道です。

・距離が200m短い。
・踏切を一箇所通る(1時間に2本のみの路線)

ポイント

迷いやすいポイントの解説です。

「内部橋北詰」交差点

青看板に「四日市市街」方面でK407方面への案内が出ています。

この先の分岐で左車線へ。左折専用車線なので信号に掛かることがありません。

追分駅

このルートで一箇所だけあるリスクが、追分駅脇の踏切です。

この路線は「四日市あすなろう鉄道 内部線」で、1時間に2本程度しか運行がない路線です。よほど運が悪くなければ引っかかることはないと思います。

 

(追分ショートカットルート・完)


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)