戸塚歩道橋回避ルート(戸塚駅周辺)

戸塚の「大踏切デッキ(歩道橋)」を回避するためのルートです。

ルート概要

かつては「開かずの踏切」がありましたが、2014年に踏切が撤去されて歩道橋になりました。自転車にとっては非常に時間を食う場所になってしまったため、現在では迂回路を通る人がほとんどです。

「八坂神社前」交差点で右折し、線路の下を人道で通過し、「吉田大橋」交差点で主ルートに合流します。

・歩道橋を担ぎで登らなくて済む。
・線路の下を通過する人道が見つけにくい。

ポイント

迷いやすいポイントの解説です。

八坂神社交差点

「八坂神社」交差点で右折します。

柏尾川

柏尾川を橋で渡った直後に、左側にある側道に入ります。その後、突き当りを左折すると右手に人道(アンダーパス)があります。あくまで人道なので歩行者優先です。

吉田大橋交差点

吉田大橋交差点で右折し、主ルートに合流します。

2019年5月6日追記

2015年頃から行われている「高島橋架替え工事」により、2019年現在は道路形状が少々変更となっています。

工事内容としては、「柏尾川にかかる古い橋を撤去し、新しい橋を設置する」というものです。2019年現在は、古い橋のすぐ南に仮橋を設置し、古い橋を撤去中の模様。

地図の青線が旧ルート、赤線が現在のルートです。大阪から来た場合、柏尾川を渡った所で左折する必要がありますので注意してください。

なお、計画では2019年中に新しい橋がかかり、現在の仮橋は撤去される予定だったようですが、進捗は遅れているようです。新しい橋が掛かれば、以前と同様に曲がる必要はなくなります。

 

(戸塚歩道橋回避ルート・完)


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)