宇治川ラインルート(大津~枚方)

宇治川沿いを通る「宇治川ライン」と呼ばれる道を通るルートです。

ルート概要

若干距離は長くなりますが、信号がほとんど無い道のため、速度の向上が期待できます。@D09SPEEDさん、@aze84678さん情報提供。

交通量は少なめで信号も少ない道ですが、走り屋が出没するらしく、夜中の使用はおすすめしません。

※未調査です。そのうち実地調査します。

・信号が少ないため停止時間を減らせる。
・主ルートより若干短い。
・道が複雑。
・走り屋が出没。
・夜中は暗い。

ポイント

迷いやすいポイントの解説です。

大江二丁目交差点の一つ先の交差点

大江二丁目信号の先の交差点を左折します。宇治川ラインには左岸と右岸がありますが、今回はK29のルートを採用します。R422を通るルートでも問題ありません。

曲がってすぐ、100m先で川を渡って右折します。その後、突き当りを左折。K559に合流します。

以後、瀬田川沿いを行きます。

瀬田川荒堰手前

瀬田川を行き、突き当たったら右折します。すぐに瀬田川洗堰を渡ります。渡りきったら、南郷洗堰交差点を左折します。

以後、K3を行きます。

宵待橋

宵待橋を渡った所で左折し、K62に入ります。

このままK3を行って、宇治駅方面からR1に合流するルートもありますが、距離の短さを取ってR307に行くルートを採用します。

K62と宇治田原町役場方面への分かれ道

直進すると町役場へ行く道がありますが、ここを右折し、K62をそのまま行きます。郷之口下町からR307に入ります。

以後、R307を行きます。

池之宮北交差点

池之宮交差点でR1に復帰、主ルートに合流します。

 

(宇治川ラインルート・完)


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)