【ルートガイド】蔵王エコーライン(山形側・上山~刈田峠)

  • 2021年4月30日
  • 2021年4月30日
  • 山形県
  • 243View
  • 0件

山形県と宮城県の間、標高1606mの刈田峠を越える観光道路です。

かつては有料道路でしたが、現在は無料に。自転車も通行可能です。

ルート概要

「蔵王エコーライン」で検索しても明確な始点と終点が分からないのですが、R13~刈田峠~R457間がエコーラインと呼ばれることが多いようです。毎年5月に開かれるヒルクライム大会では宮城側の道を使用しています。

今回は山形側から上りました。R13から刈田峠まで、24kmで1420mを登る、平均斜度6%のコースです。

ルートマップ

距離: 23.5km (上山~刈田峠)
平均勾配: 6.1%
最高標高: 1600m

スタート地点は、同ルートで行われるヒルクライム大会「蔵王坊平ヒルクライムinやまがた」のレース開始地点の少し手前の国道13号としました。

大会では、刈田峠の先の有料道路「蔵王ハイライン」を登りきるところまでなのですが、私は実走していないので刈田峠までとしています。

アプローチ

山形側から登る場合、山形新幹線の停車駅である「かみのやま温泉駅」を利用することになると思います。

かみのやま温泉駅から登り口まではわずか3kmほどで、すぐに登り始めることが可能です。

交通規制など

11月初旬から翌年4月下旬までは冬季閉鎖されます。

一般社団法人蔵王町観光物産協会がお送りする宮城県蔵王町のエリアガイド、地域情報が満載です。 …

交通規制情報は蔵王町の観光協会のサイトを確認してください。

また、渋峠と同じく蔵王山も火山であることから、火山活動が活発になると通行不可になることもあるようです(2018年には噴火警戒レベルが2に上がった時期も)。

走行レポート

2019年4月29日に行った際のレポートです。

GWには渋峠で雪の回廊を走ることが多いのですが、火山活動の影響で2019年は通行止めのままでした。関東近傍で雪の回廊を走れる場所と言えば、渋峠に次いで有名なのが蔵王エコーラインです。妻も行ったことがないので、行ってみることに決定。

4月26日に予定通り冬季閉鎖が解けたものの、天候が悪くすぐに閉鎖。再オープンは4月28日の正午となりました。その翌日の朝、山形側からのヒルクライムを開始しました。

R13(上山)~猿倉レストハウス

午前11時頃、ヒルクライム開始。写真左奥に見えるのが目的地です。気温は18度、雲も少なく絶好のヒルクライム日和。

 

この日は風も少なく、ただただ楽しいヒルクライム。ただ、このルートは序盤8kmに激坂(15%前後)が集中して入ってきます。足を使い過ぎないように、マイペースで登坂。

猿倉レストハウス~刈田峠

8km地点の猿倉レストハウス(標高700m)で休憩。釣り堀がある大きめのレストハウスです。ジンギスカンが美味しそうでしたが、まだお昼には早かったのでソフトクリームだけを食べて先へ。

 

ほどなくして、山形側のゲートを通過。冬の間はここが閉まるようです。ゲートから頂上までの斜度は、6~8%前後であまり変化しない感じです。

 

標高が1000mを越えると、目に見えて雪が増えてきます。これぞ山開き直後の超級ヒルクライムルートの醍醐味ですね。

 

木の高さもだんだん低くなってきました。

 

太陽が隠れると寒いですが、気温は10℃前後と、この標高にしては寒くなかったです。

 

14時10分ごろ、刈田峠に到着!! 期待通りの雪の回廊です。これが見たくてわざわざ来ました。

刈田峠~お釜

峠からはロープウェイで山頂の「お釜」と呼ばれる火口湖へ行くことが出来ます。せっかくなので行ってみることに。汗を冷やさないように、持参した防寒具を羽織って行きました。

 

お釜までのアプローチはロープウェイの他に、蔵王ハイラインという有料道路を通る方法があるようで、そちら経由で来た人たちでかなりの賑わいを見せていました。

 

こちらがお釜。まだ凍っているようですね。

 

山頂にはレストハウスがあり、名物の「お釜カツ丼」なるメニューがあります。これを食べようと思っていたのですが、残念ながら営業時間が終わっていました(14時半まで)。仕方なく売店でホットスナックを食べてお昼に。ちょっと侘びしい。

 

再び、ロープウェイで刈田峠にカムバック。ここからは宮城方面への長い下りです。

下山ルート

今回は上山には戻らず、宮城県側に降りました。この時期は17時に宮城側のゲート(刈田峠から約5km地点)が閉まるので、それまでにゲートを抜けなければなりません。夜間に凍結の恐れがあるため、このような規制があるようです。

 

徐々に日が傾いてきて気温も下がってきました。ネックウォーマーを付けていざ下りへ。

 

下る途中にもかなりの高さの雪の壁があり、楽しむことが出来ました。ところどころ、雪が溶けて路面が濡れているので、そこだけは注意が必要ですね。

まとめ

標高は渋峠などと比べると高くはないのですが、風景の雄大さが素晴らしいルートです。特にGWは雪の回廊も見られてお得感があります。

なお、開通直後の宮城側はかなり渋滞するようです。今回も下っている最中に、反対車線はかなりの渋滞となっていました。登るなら山形側からのほうが快適だと思います。夕方のゲート閉鎖もあるので、なるべく早い時間から登ったほうが良いでしょう。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)