ついに出会えた「ベルクロ軽量SPDシューズ」の後継者

シマノのエントリーシューズ「XC1」を買いました。

個人的に待ちに待った「ベルクロ軽量SPDシューズ」の後継モデルです。

経緯

2015年のPBPは剛性の高いシューズで参加したのですが、終盤に足裏の痺れに悩まされました。

関連記事

8/19 5:37、PC10:FOUGERES(919km)到着。チェックを済ませてTwitterを見たが、タッチの差でふぃりっぷさんは出発してしまったようだ。 折角追いついたと思ったのに……脱力したところで、床にマットが敷いてあるの[…]

その次の1000kmブルベでは、ソールが柔らかいシマノの一番安い「ベルクロSPDシューズ」を試験導入。これがとても良かったので、以後はあえて一番エントリーモデルの3本ベルクロシューズを使ってきました。

ベルクロ軽量SPDシューズ

2015年から「ベルクロ軽量SPDシューズ」をブルベに導入しましたが、それ以前から普段遣いに良い&シマノが足型に合ったので、2010年頃からモデルチェンジを追いかけながらずっと購入しています。

「ベルクロ軽量SPDシューズ」は私が勝手に呼んでいるジャンル名で、シマノとしてそういったシリーズがあるわけではありません。

 

私が代々買ってきたのは、シマノの「クロスカントリー用の入門シューズ」に位置づけられるモデルです。特徴は以下の通り。

・値段は1万円前後、シマノの競技用としては一番安い。
・アウトソールはゴム製で歩きやすい。
・剛性はシマノ基準で5(柔らかめ)であることが多い。
・3本ベルクロで軽い。
足裏の痛みを何とかしたかったのがブルベでの導入理由でしたが、「ソールが柔らかくて歩きやすい」「実はラチェットやBOAダイヤル式より軽い」という特徴に後から気付きました。値段も安く、くたびれてきたら躊躇なく買い換えられるのも良い所です。

使用歴

ブルベでハードに使うと1年くらいでシューズがくたびれてしまうので、大体年に一度のペースで買い替えています。

モデル名 備考
SHIMANO M075
SHIMANO M076
SHIMANO XC30
SHIMANO XC31 4足使用

 

備考に書いていますが、XC31はのべ4足使いました。それだけ気に入っていたのもありますが、買い替えができない理由があったのです。

モデルチェンジで路線変更

2018年モデルで、シマノのMTB用シューズは大幅にリニューアルされました。

MTB用のエントリーモデルとしては「ME2」なるものがラインナップされたのですが……

ゴツい……。

アウトソールが明らかにゴツくなりました。MTB用としては正当な路線変更とは言えます。

重量は公称で345g(42サイズ)。XC31が327g(42サイズ)だったので、見た目通りに増量しています。私が使っている43サイズだと350g越えは確実でしょう。

そして、愛用のXC31は廃番が決定。当時2足目のXC31を使ってた私は、海外通販や国内通販に残っていたXC31の在庫を2足保護して大事に使い続けていました。

代用シューズ探し

ブルベ用シューズは、自分の使用ペースだと一年、長くても二年で履きつぶすことになります。残り2足のXC31でブルベを戦える時間は長くありません。

ということで、代用シューズを探すことにしました。対象はやっぱりシマノのSPDシューズです。足型的に他がイマイチ合わないので。

4つのシューズを試しましたが、ブルベ用に正式採用出来るシューズには出会えませんでした。

XC5 (SH-XC500)

実測308g(43サイズ)。

恐らくGIROあたりに刺激を受けてシマノが出した紐式のSPDシューズです。非常に軽かったんですが、気軽にフィット感を変更できない紐靴がどうにも好きになれず、手放しました。

RX8 (SH-RX800)
関連記事

2019年末にSHIMANOから発売された、オフロード用軽量SPDシューズ。グラベルレースに特化したモデルです。 購入動機 私はロングライドやブルベでSPDシューズを愛用しています。そこまで速度域が高いわけではなく、コンビニ等での歩[…]

実測295g(43サイズ)。

シマノがグラベル用に作った軽量シューズ。ついに300g切りを達成。これより軽いSPDシューズは当時ありませんでした。

しかし、ソールがカーボン製でとにかく固く、200kmブルベで足裏が痺れてしまいました。今はローラー用シューズになっています。

XC5 (SH-XC501)
関連記事

SHIMANOのクロスカントリー用SPDシューズ。ミドルグレードに当たる製品です。 購入動機 ブルベ用にずっと使っていたシューズ「SHIMANO SH-XC31」の最後の手持ち在庫をPBP用に下ろしてしまったので、次期シューズとして購入[…]

実測313g(43サイズ)。

前作のXC5は紐でしたが、名前はそのままにBOAダイヤル式に変化。これも中々軽かった。

しかし、靴底がとにかく薄く、これもまた足裏が痛くなりました。知人に譲りました。

RT5 (SH-RT500)

実測340g(43サイズ)。

シマノの「ロードツーリング」用モデル。ME2と同時期に登場しています。ME2より軽く、重量はXC31と同程度。恐らくシマノ的には、「軽量なSPDシューズが使いたかったらコレを買ってね」というモデルだったのでしょう。

中々悪くはありませんでしたが、どうも甲の高さが合わず。それまでの「ベルクロ軽量SPDシューズ」とは若干形が違うように感じました。

XC1、購入

前置きが長かったですが、ようやく今回の本題「XC1」の話です。

XC1とは

cyclowired

シマノよりオフロード系シューズの新作ラインアップが発表された。ミドル/エントリーグレードのMTBシューズとなる"XC3"…

XC1 (SH-XC100)は、2021年モデルとして発売された入門用MTBシューズです。

まず思ったのは「ゴツさが消えたな」ということ。ME2のようなゴツいアウトソールではなく、XC31時代のような控えめなものに変わったように見えます。

そして、2021年モデルではロードツーリングモデルの「RT5」が廃番となっています。一度「ME2」「RT5」に枝分かれした入門SPDシューズが、ここに来て再び「XC1」として合流したようですね。

購入を決意

2020年8月からすでに販売されていましたが、しばらくXC1の購入を躊躇していました。

理由は公称重量。「334g(42サイズ)」と、結構重めな表記であることが気になっていました。

しかし、PBP前に下ろした在庫最後のXC31も既にかなりヘタリが目立つように。足首部分は広がってガバガバになり、ペダリングにも支障が出るようになってきていました。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥7,422 (2021/05/15 15:07:17時点 Amazon調べ-詳細)

そんな中でAmazonを見たら、何とXC1の実売が7000円台まで安くなっていました。確か定価は12000円くらいのはず……。

ここまで4足連続で満足のいかないシューズを買っていたので若干躊躇しましたが、この値段なら良いかと思い直し、購入を決めました。

 

Y's Road 府中多摩川店

シマノより発売されているビンディングシューズ SPDシューズのSH-XC100 SPD-SLシューズのSH-RC100 …

後から知りましたが、今年の3月に定価が下がり、9350円まで安くなっていたんですね。これは安い。

ファーストインプレッション

XC1のファーストインプレッションを書いていきます。届いたその日に80km走ってきました。

見た目

思ったよりもスッキリしています。表皮も高級感があって、定価10000円以下とは思えません。

重量

驚いたのが重量です。

実測重量が304g/308g(43サイズ)と、やたら軽い。

公称重量が334g(42サイズ)なので、一つ大きい43サイズは340-350gくらいかなと予想していました。シマノは公称重量が割と正確なイメージがあったのですが……ここまでの下振れは初めてですね。この重量だと、同社最軽量のRX8(実測295g)とあまり変わりません。

ただ、見る限りかなり軽量化を意識した構造になっており、この構造で334gは無いだろうなという印象も受けました。公称重量が間違っているんじゃないかと思います。実はもう一足注文したので、届いたら続報を書きます。→記事の末尾に追記しました。

フィット感

XC31のフィット感が帰ってきた感触がありました。新品のXC31に似た感触です。ただ、若干横幅はXC31比でタイトになった印象もあります。

 

良いな、と思ったのはベロと靴底を繋ぐゴムバンドが無くなったこと。サラウンドラップ構造を採用したRX8とXC5(SH-XC501)はゴムバンドが付いていて、とにかくシューズを履きにくかったのです。

同じくサラウンドラップ構造を採用したXC1も当然ゴムバンドが付いていると思っていましたが、無くなっていましたね。不評だったんでしょうか。

走行感

履いた感じがとても良い感触だったので、早速クリートを取り付けて80kmほど走りました。

ソール剛性は適度でアッパーもしなやか。足裏が痛くなることもなし。ソールがある程度しなるのでコンビニでも歩きやすい。

短いライドでしたが、「これが欲しかったシューズだ」という確信を得られました。

まとめ

2018年にXC31が廃番になってから探しに探して見つからなかった「ベルクロ軽量SPDシューズ」の後継者をようやく見つけることが出来ました。

今後のブルベはこれで走る予定。くたびれたXC31(4足目)もようやく引退させられます。

XC1を見つけるまでに試した4つのシューズも悪くはありませんでした。作っているメーカーは同じですし、サイズ感も近いものがあります。しかし、何というか……「好きだった漫画の続編を購入したら、実は作画が別の人になっていたスピンオフ作品だった」みたいな違和感があったのです。

それに対して、XC1は「原作者による正当な続編」という印象。一度は途切れたXC31の系譜が、MTB用/ロードツーリング用の分岐を経て、再度合流して戻ってきてくれました。

早速、使い始めて間もないのにXC1の2足目を注文しました。お気に入りのシューズはいつ無くなるか分かりませんからね。確保しておかないと。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥6,545 (2021/05/15 13:36:55時点 Amazon調べ-詳細)

追記(2021/4/19)

早速、予備用に注文したXC1が届きましたが、こちらも43サイズで307g。やはり305g前後が通常っぽく見えますね。かなり軽いです。42サイズだと300gを切ってくるかもしれません。

著者情報

年齢: 36歳 (執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)