トンネルで「Edge530×スピードセンサー」をテスト

こちらの記事の続編です。

スピードセンサーをEdge530とペアリングし、トンネル内で正しく走行距離が取得できるかをテストしました。

経緯

関連記事

Garmin Edge530を付けて奥多摩方面を走りに行った所、記録された走行距離が随分短くなってしまった問題について調べた記録です。 経緯 昨日は晴れてツーリング日和。久々に奥多摩~松姫トンネルを走りに行きました。  […]

こちらの記事で書いたように、Edge530はスピードセンサーを付けない状態でトンネルの多いコースを走ると、トンネル分の走行距離が欠損することが分かりました。

スピードセンサーの入手

Twitterで「Garminのスピードセンサーを買おうかな」と書いた所、同時に二人から「余ってますよ。要ります?」のリプライが

Edgeシリーズってスピードセンサーが付属してくるモデルが多いんですが、既にスピードセンサーを持っている人はそれを余らせているわけです。お二人ともそうして余らせていたということで、譲って頂けることになりました。

車重は17g増。

今回譲っていただいたのは、Garminの1世代前のスピードセンサー。ANT+のみでBluetoothには対応していません。元々ANT+で運用しようと思っていたので問題なし。

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥6,970 (2021/08/04 16:16:05時点 Amazon調べ-詳細)

現行モデルはBluetoothにも対応しています。

スピードセンサーの取付

早速、届いたスピードセンサーを取り付け。

 

今回は後輪に取り付けてみました。前輪でも大丈夫ですが、そこはお好みで。

Edge530のセンサー追加画面を開き、ホイールを空転させると即認識。簡単ですね。

試しにホイールだけ空転をさせてみると、それだけでも距離が進みます。GPSではなく、スピードセンサーで距離を計測するようになりました。

トンネル検証

早速、その日のうちにトンネルで検証してきました。

「スピードセンサーを付けてEdge530でトンネル内を走行した時、走行距離は正しく加算されるか?」という単純な検証内容です。

実験場所

川崎近辺で長めのトンネルは多くありません。パっと思いついたのは、尻手黒川道路の梶ケ谷付近のトンネルです。

 

正式名称は「梶ケ谷第4架道橋」。約200mのトンネルです。

 

上記区間の距離を、Edge530にスピードセンサーをペアリングした状態で計測しました。

計測

トンネルに入る前。距離は7.73kmです。トンネルを出た所で7.93kmになってくれれば成功。

 

トンネルに入って50mほどで、「ピー」という警告音と共に「衛星受信失敗」の文字が画面に表示されました。GPSのアンテナも0本。ロストしています。

それでもトンネル内を進んでいる間はちゃんと距離は進んでいきます。スピードセンサーから距離を計算できていますね。

 

トンネルを出た所で距離は7.93km。トンネル分の200mを正しく計測することが出来ました

余談

スピードセンサーで距離を計測するためにはタイヤの周長が必要ですが、Edge530では周長を自動算出しています。自分で周長を打ち込む必要はありません。

GPSが有効な区間では、実際にはそちらでも距離を計測しているようで、その結果から算出されたタイヤ周長をリアルタイムに反映している模様。

 

スピードセンサーの設定画面を表示させながら走ると、周長がコロコロ更新されていることが分かりました。頻繁に反映されています。

まとめ

「Edge530+スピードセンサー」で、トンネルを通っても正しく距離が測定されることが確認できました。

スピードセンサーにはGPSの電波遮断は関係ないので当然といえば当然ですが、動作が確かめられて良かったです。

これでトンネルの多いコースでEdge530を使っても距離に大きな誤差が出ることはなくなるはずですが、電池切れには気をつけなければなりませんね。

心拍計やパワーメーターは電池が切れたら値が出なくなりますが、スピードメーターは電池が切れてもGPSでの距離計測に切り替わるだけ。その状態でトンネルに入ったら、当然距離はズレます。気づくためには、センサーとの接続が切れた通知を注意深くチェックするくらいしかなさそうですが。

 

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥6,970 (2021/08/04 16:16:05時点 Amazon調べ-詳細)

著者情報

年齢: 36歳 (執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)