東京→大阪キャノンボール 準備編

再挑戦にあたっての準備

今回の東京→大阪にあたっては、前回の挑戦時よりさらに綿密な計画を立てた。

東京→大阪は、風向きの関係で大阪→東京よりも厳しい挑戦になることが予想される。削れる時間は少しでも削るべきだ。

第一の工夫

第一に行ったのが、停止時間を減らすための工夫。「信号無視をしろ」というわけではない。休憩時間を出来る限り減らすことが重要。

例えば1回10分、12回の休憩を行えばそれだけで2時間。これを1回5分、10回の休憩に減らすことが出来れば50分。実に1時間以上の時間を短縮することが出来るのだ。走りで1時間削るのは容易ではないが、休憩を削るのは難しいことではない。

具体的に行ったのは「電子マネー(Edy)の使用」「休憩ポイントを予め決めておく」こと。

前者は会計の時間を最小に減らすための工夫。Edyはあらゆるコンビニで使えるし、いざという時にはレンタカーでも使えたりする。

後者は、ダラダラ休憩対策。1回の休憩はどんなに急いでも5分は掛かってしまう。1度当たりの休憩時間を減らすよりも、回数を減らしたほうが削減効果は大きいと言える。このため、最初からルート上のコンビニをリストアップしておき、そこにたどり着くまでは休まないで走るというわけだ。

第二の工夫

第二に行ったのが、試走。

国道1号(以下、R1)は自転車が通れない箇所も多い。行き止まりに出会って迷う時間は本当に無駄な時間。その点、一度でも走っておけば迷うことはないし、先が見えているので精神的にも良い。更に、「この区間は大体これくらいで走れる」という見積りのためのデータも得られる。お金も時間も掛かるが、実は達成への一番の近道は試走であると思う。

大阪→東京キャノボの達成後、12月には三島~焼津のルートを、4月には豊橋~大阪のルートを試走。ルートは完璧に頭に入った。

豊橋~大阪の試走レポート

リベンジに向けて 2011年4月23日。私は新幹線で豊橋へと向かっていた。 目的は、GWに再挑戦計画を練っている東京スタートの「東京→大阪キャノンボール」のコース実地調査。 今回の挑戦は、半年前に一度失敗した「東京→大阪」のリ[…]

IMG

 

準備は万端。あとは走るのみ!

 

次のエピソード

スタート前日 2011年4月29日。翌日午前1時のキャノボ決行を決めた。 当初はGWの中頃に行う予定であったが、この日程でやらなければいけない理由が生じたからである。 早速、大阪中央郵便局宛に荷物を送付。そしてキャノボに必要な[…]