東京→豊橋 エピローグ

納得の行かない結末

かくして自分の1度目のキャノボは失敗に終わった。

帰りの新幹線では安心した一方、悔しさがだんだんと沸き上がってくる。半月かけて準備をしたチャレンジがこんな形で終わるなんて想像もしなかった。

元々、キャノボは一回限りのチャレンジのつもりだった。しかし、それも完走が前提の話。不可抗力とはいえ、リタイヤは納得が行かない。

そして、翌日から次回挑戦に向けて準備を始めている自分が居た。前回よりも綿密に、装備も計画も完璧に。

キャノボへのチャレンジは、まだ終わらない。

(2度目(大阪→東京)編へ続く)

走行データ

走行距離: 301.79km
平均速度: 27.2km/h
走行時間: 12時間38分
実走時間: 11時間06分
平均心拍: 145bpm
最大心拍: 176bpm
獲得標高: 2652m

次のエピソード

リベンジに向けて 東京→大阪キャノンボール失敗の翌日から、既に次への挑戦が始まっていた。 反省点をまとめ、予定を練り直す。そして、リベンジに向けた飛び道具も調達した。 エアロバー!重くなることを嫌い、最も軽量なPROFILE DE[…]