豊橋~大阪試走 ③関→膳所

鈴鹿峠

関駅を過ぎると、本格的にヒルクライム開始。大阪発の時よりは峠らしい峠である。3%で9kmなのであまりキツくないものの、向かい風+雨の中でのヒルクライムはかなりキツかった。

14時43分、鈴鹿峠に到着。約40分のヒルクライムだった。ここまで出発から6時間2分。137km/6時間なので、22.8km/hか・・・。ちょっと遅い。

滋賀県入り

鈴鹿トンネルを抜けると、ダウンヒル開始。が、下りでもあまりスピードが出ない。そして、ここでも向かい風。ただ、雨は上がっている。それだけでずいぶん走りやすい。しかし、進行方向がまたしても暗い・・・。

甲賀を過ぎて泉西交差点に到着。ここは右に行くはず。しかし、右方向は自転車通行不可。なるほど、試走しておいて良かった。当初とルートを変え、左へと進む。

湖西市に入ると、再びの暴風雨。溜まらずコンビニ回避。道路脇のノボリや看板が倒れまくっている。気温も多分10度以下。たまらずウインドブレイカーを羽織る。

草津に辿り着くと雨も弱まった。前回、大阪→東京で最初の休憩をとった膳所駅前のコンビニを16時43分に通過。前回の実績通りに行けばここから2時間で梅田新道に着くはずだが、果たして・・・。

 

次のエピソード

京都抜け道の検証 逢坂の関を越えたあとは、山科には降りず、横道へ。今回の調査対象・第三弾の抜け道。完全に生活道路だけど、信号も無いので走りやすかった。これはアリ。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https:[…]