豊橋~大阪試走 ④膳所→梅田新道

京都抜け道の検証

逢坂の関を越えたあとは、山科には降りず、横道へ。今回の調査対象・第三弾の抜け道。完全に生活道路だけど、信号も無いので走りやすかった。これはアリ。

関連記事

京都の街中を回避するルートです。R1を思いっきり外れますが、主ルートより4.7kmも短縮することができます。 いわゆる京都外環状線を使うのですが、観月橋駅前から先、名阪国道(R1)までは自転車通行不可区間。このため、ローカルな[…]

IMG

観月橋から入る抜け道もGPSの案内通りに通過。久御山から国道1号に復帰し、あとはひたすら直進。

大阪にゴール

光善寺では国道1号と国道170号の分岐。前回は国道1号を通ったけれど、今回は170号を選択。ちょうと夕方ということもあり、人が多くて走りにくかった・・・また、道の脇に店が多く、駐車場に入ろうとする車が多かったのでここでかなりスピードが低下。ただ、本番に通過するとすれば深夜23時半ごろ。その時間ならまぁデメリットにはならないだろう。

大阪市内に入ってからは全くペースは上がらず、むしろペースが落ちる。夕方の都心はどこも混雑するようだ(あたりまえだけど)。

結局、19時5分に梅田新道交差点に到着した。膳所からは2時間22分。・・・これを逆方向とはいえ、2時間ジャストで走り抜けた当時の自分はかなり早かったと言える。上り基調なのに。

 

次のエピソード

ゴール後 今回の豊橋→大阪のタイムは10時間24分。 前回失敗した「東京→大阪」は、豊橋まで12時間38分だった。これに10時間24分を足すと…23時間02分、成功した大阪→東京と同じタイムになる。もちろん体力がマックスの状態でスタ[…]

IMG

 


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)