あのブランドは今

この記事は約 13分で読めます。

「最近名前を聞かないな」というブランドのその後を調べてみました。

なお、本記事で取り上げる各ブランドの状況は2023年2月現在の情報となっています。

目次

あのブランドは今

先日、少し前(2014年頃)の自転車雑誌を読んでいたところ、「最近名前を聞かないな」というブランドが結構多いことに気づきました。

一世を風靡したブランドでも数年後には見なくなってしまうことが自転車業界ではよくあります。

あのブランドのその後はどうなったのか? 気になって調べてみることにしました。

「会社の倒産」、「自転車事業からの撤退」、「代理店が手を引いた」など理由は様々。また、一度撤退して復活したブランドもあります。

あまり年代を広げすぎても手に負えないので、対象は「ここ10年で一度は名が知られたブランド」とさせて頂きます。

会社倒産・ブランド消滅・製造終了

会社倒産または消滅してしまったと思われるブランドです。

KUOTA

イタリアのKUOTAですが、現在は自転車の製造を終了している模様です。

2010年頃には圧倒的なコストパフォーマンスのフルカーボンバイク「KHARMA」で人気を博したKUOTA。

ディスクロードへの追従も早く、割りと最近までフレームを発表していたイメージがありますが、2020年頃を最後にニューモデルの発表が無くなりました。

「撤退か?」と噂になっていましたが、2022年4月に代理店であるINTERMAXの今中代表より「製造終了」が発表されました。

イタリアの公式サイトも消滅しており、Facebook公式ページも2019年を最後に更新が止まっています。

KEMO

イタリアのKEMOですが、親会社ごと消滅している模様です。ちなみにKUOTAのエンジニアが興したブランドだったりします。

cyclowired
ケモ KE-R8 4KS 高品質カーボンを採用するイタリア生まれのオールラウンドロード - 2016モデルインプレッ... 今回のインプレッションで取り上げるのは、ケモ「KE-R8 4KS」。イタリアで20年以上に渡ってカーボンバイクの開発と製造に携わってきたエキスパートが、自らの理想を追求す...

2014年のサイクルモードで上陸が発表されたKEMO。日本では「ケモナー」なる言葉がちょうど流行っていたこともあり、一時期は結構見かけるブランドでした。

現在は公式サイトが消滅、Facebookの公式ページも2017年を最後に更新が止まっています。なぜか日本の代理店のサイトは生きていますが。

国際商標を検索してみると、KEMOのブランドを持っているのは「SINTEMA SPORT SRL」という会社。しかし、こちらの会社は閉業しています。

なお、この会社はKUOTAのブランドを持っている会社でもあったようです。

MAD FIBER

どこの国の企業かは良く分からないのですが、コンプレッション構造のカーボンスポークを採用し話題となったのがMAD FIBERです。

サイクルショップ ワラガイ
超軽量ホイール マッドファイバー : サイクルショップ ワラガイ 軽い!とにかく軽い!!!! かっこいい!とにかくかっこいい!!! イワゾー様 購入の超軽量エアロホイール マッドファイバー。 前後併せて 1053g ヒルクライム・...

2012年ごろから出回り始めたMAD FIBER。当時はまだまだ珍しかったカーボンクリンチャーをラインナップしていました。

あわせて読みたい

超軽量で人気を集めましたが、日本で展開を始めた翌年の2013年には早速経営が行き詰まってしまったようです。

Wizard

日本の「みどり製作所」が展開していたブランド・Wizard。

お手頃な価格のウェアが人気で、オリジナルのカーボンフレームなども販売されていました。

あわせて読みたい
(株)みどり製作所(大阪)/破産手続き開始決定 | 倒産情報-JC-NET(ジェイシーネット) 九州から発信するニュースサイト、JC-NET。全国の企業情報、倒産情報・破産情報、政治・経済情報などを配信。

残念ながら「みどり製作所」は2017年に倒産しています。

ASTUTE

イタリアのサドル専業ブランド「ASTUTE(アスチュート)」。

cyclowired
3種類のラインナップと性能を引き出すためのセッティング - Brand New Saddle ASTVTE Vol.2 これまでのサドルとは異る構造とデザインによって、快適性とスマートなルックスを両立したアスチュートのサドル。標準的なサドルとは異なるセッティング方法について紹介す...

2013年に上陸。カラフルかつ、乗り心地の良いサドルとして人気を集めました。

Vittoria(ヴィットリア)Bicycle ...
ASTUTE社の事業停止に伴う取り扱い一時中止のお知らせ 2019年11月8日 各位 ASTUTEサドル日本輸入販売元有限会社VITTORIA JAPAN ASTUTE社の事業停止に伴う取り扱い一時中止のお知らせ 弊社取扱いブランド「ASTUTE(アスチュー

しかし、2019年に事業停止。日本では取り扱いが止まりました。

尚、ASTUTE社につきましては事業再開に向け更生手続きを進めておりますため、事業再開の折には改めてご報告いたす所存でございます。

と書いてありましたが、2023年現在も再開した様子はありません。

Selev

イタリアのヘルメットブランド「Selev」。

イタリア国内での自社生産にこだわり、優雅なデザインで支持を得ていたブランドです。

Y's Road 池袋チャーリー店
【アウトレット!】フィット感抜群の“イタリアンメイド”ヘルメット。惜しまれながらのメーカー廃業につき・... 【SELEV】DOC   定価¥16,000+税→池C特価!12,800+税     MATRIXR   定価¥14,800+税→池C特価!¥11,800+税      MP3   定価…

詳細は不明ですが、2017年に廃業となっています。

自転車事業から撤退したブランド

自転車事業から撤退してしまったブランドです。

GRAPHITE DESIGN

日本のグラファイトデザインもかつては自転車事業に参画していました。

cyclowired
グラファイトデザイン METEOR 新型ラグを採用し更なる伸びを手に入れた国産レーシングバイク - 2014モデル... 軽量で高剛性なバイクを追及する他のブランドとは一線を画する、"しなり"というファクターをフレームの開発テーマの中心に据える国内ブランドがグラファイトデザインだ。今...

ゴルフクラブで有名な同社ですが、そこで得たノウハウを生かして「しなり」を重視したフレームを製作。一時期は実業団チームへの供給も行われており、好評を博しました。

日本経済新聞
グラファイトデザイン、自転車事業撤退 - 日本経済新聞 【自転車事業撤退】16年2月期は消費増税後の反動減で苦戦。自転車事業は収益改善の兆しが見えず、2月末までで撤退。富裕層のゴルフ人気が拡大す

しかし2016年、不採算を理由に自転車事業からの撤退を発表。

あわせて読みたい
グラファイトデザインはカーボンパイプを出展 シクロワイアードは、スポーツ自転車の総合情報サイトです。ロードレースなどのレース情報から、フレームやパーツ、イベントやショップの情報に至るまで、皆さんの自転車ラ...

ただし完全に撤退したわけではなく、ハンドメイドフレーム用のカーボンパイプの供給は継続されているようです。

Pioneer

日本の電機メーカー「Pioneer」もかつて自転車用製品を展開していました。

自転車雑誌サイクルスポーツがお届...
さらに進化したパイオニア・ペダリングモニターシステムを詳細解説!|サイクルスポーツがお届けするスポー... https://www.cyclesports.jpベクトル表示によってペダリングの可視化を実現した世界初のシステム、パイオニアのペダリングモニターシステムに、新型サイクルコンピューター...

代表製品はクランク型パワーメーター。

Pioneerではパワーメーターと呼ばず「ペダリングモニター」と呼んでいました。「ペダリングのスムーズさを数値化する」という独自の機能がその理由です。

パイオニア株式会社コーポレートサ...
サイクルスポーツ製品をご愛用の皆様へ~製品販売終了のお知らせ~ | お知らせ | お客様サポート | Pioneer 【パイオニア公式】サイクルスポーツ製品をご愛用の皆様へ~製品販売終了のお知らせ~

主に競技ユーザーに受け入れられ、かなりの人気を博しましたが、2020年に自転車事業からの撤退を発表。ペダリングモニターの技術はシマノに継承されることが発表されました。

Dura-Ace R9200シリーズのパワーメーター付きクランクには、Pioneerの技術が入っているようです。

NEILPRYDE

マリンスポーツで有名なNEILPRYDEが自転車事業に参入したのは2011年のこと。

cyclowired
ジオライドジャパン ロードバイクブランド ニールプライドの取り扱いを開始 - ジオライドジャパンが9月1日よりバイクブランド「ニールプライド」の取り扱いを開始した。ニールプライドはウインドサーフィンの分野で培ったエアロダイナミクスのノウハウ...

日本では2014年より販売開始。早くからエアロフォルムのロードバイクを販売し、「ALIZE(後にスペシャに訴えられてNAZAREに改名)」は特に日本でも人気を集めました。

Scuttlebutt Sailing News: Provid...
Neil Pryde Retiring From Pryde Group >> Scuttlebutt Sailing News: Providing sailing news for sailors Hong Kong (January 14, 2015) - Pryde Group, an international sports group, announces the retirement of founder and Chairman Mr. Neil Pryde effective

しかし、創業者たるニール・プライド氏が2015年に退職。NEILPRYDEからも2018年を最後に新モデルの発表が無くなりました。

創業者はいなくなりましたが、現在でもNEILPRYDEはマリンスポーツの世界では健在です(公式サイト)。

cyclowired
CHAPTER2 ローンチ開催 ブランド2作目のエアロロード REREをインプレッション - チャプター2 ニューモデル... かつてニールプライドバイクを率いたマイク・プライド氏が興した新ブランド CHAPTER2より新作のエアロロード「RERE(レレ)」が登場。ラファ東京で発表会を開催した。2作目...

なお、ニール・プライド氏は退職後に、息子のマイク・プライド氏と共に新ブランド「CHAPTER2」を立ち上げました。こちらも日本では人気が高まっているブランドです。

DOPPELGANGER

日本のドッペルギャンガーも実は2020年3月で自転車用品の販売から撤退したようです。

特に告知などは出ていませんが、自転車用品はすべて「販売終了」ページに移動していました。

製品ラインナップを見ると現在はモーターサイクル用品のみとなっています。

SKINS

コンプレッションウェアで有名だった、オーストラリアのSKINS。

サイクルスポーツ.JP
9/18~19 SKINS:トライアスロン世界選 横浜大会に出展 News コンプレッションウエアのトップブランド「SKINS」(本社:千葉県我孫子市、代表取締役社長:郷右近 貞夫)がグローバルスポンサー...

一時期はサイクルウェアも販売していましたが、現在では事実上の自転車業界から撤退状態にあります。

きっかけになったと推測されるのが、2011年のUCIルール改正です。コンプレッションウェアをレースで使うことが禁止され、事実上SKINSは締め出されました。

https://www.velonews.com/news/skins-chairman-fuller-on-uci-lawsuit-we-want-to-see-significant-change

2012年、SKINSはUCIを相手取って訴訟を起こしています。

あわせて読みたい

自転車業界から事実上の撤退後もSKINS自体は継続していましたが、2019年には破産を申請。

現在は香港の会社にブランドが買収され、継続しているようです(公式サイト)。サイクルウェアの展開はありません。

日本を撤退したブランド

自転車業界での事業は継続しているものの、日本には現在代理店が存在せず、小売店では手に入らないブランドです。

Eddy Merckx

ツール5勝の偉大なる王者の名を関したフレームブランド・Eddy Merckx。

FUNQ [ ファンク ]
メルクスのロードバイクがスペシャルプライスに!|FUKAYA 創立 110 周年記念 | Bicycle Club, ロードバイ... 「eddy merckx(エディメルクス)」の代理店株式会社フカヤが、2021 年で創立 110

長らく日本ではフカヤ(旧・深谷産業)が代理店を務めていましたが、現在は取り扱いブランドにEddy Merckxの名前がありません。

ほかの代理店が引き継いだという情報もなく、現在は日本で手に入らないブランドとなっています。

本国では元気に活動中(公式サイト)。しかしラインナップはかなり減ってますね。

BLUE

アメリカのフレームブランド・BLUEも最近国内では見かけなくなったブランドです。

かつてはゼータトレーディングが国内代理店を務めていましたが、2011年モデルを最後に更新が止まっていた様子。

本国では活動しており、ディスクロードも販売しています(公式サイト)。

THOMPSON

ベルギーのフレームブランド・Thompsonも撤退してしまったブランドの一つ。

FUNQ [ ファンク ]
THOMPSON(トンプソン)・ブレード|ニューモデルインプレッション | Bicycle Club, ニューモデルインプレ 注目の最新モデルを徹底インプレッション! 今回は、石畳の連続する区間を走破できる高剛性にディスクブレーキを組み合わせた、THOMPSON・BRADE(トンプソン

HAMASHOという会社が代理店をしており、カラーオーダーシステムなどで人気を博しました。

2019年頃までは国内取扱があったようですが、現在は代理店契約が終了している模様。

本国ベルギーでは未だにブランドは活動中です(公式サイト)。

GORE BIKE WEAR

GORE-TEXで有名なGORE社が自ら展開するスポーツウェアブランドが「GORE BIKE WEAR」です。

素材屋が展開するブランドだけあって、素材を知り尽くした高性能な製品が特長でした。グローブやジャージは私も何度か購入したことがあります。

しかし2021年をもって日本市場を撤退。というか、どうもアジア全体から撤退した模様です。欧米でしか手に入らないブランドになってしまいました。Wiggleなどでは買えますが、悲しいものです。

なお、現在の正式名称は「GORE WEAR」となっています。

日本を撤退後、再上陸したブランド

一旦日本からは撤退したものの、その後で再上陸したブランドの紹介です。

FFWD

オランダのFFWDは一度日本を撤退後、再上陸したブランドの一つです。

コストパフォーマンスに優れたホイールを販売しており、2010年代前半に人気を博しました。

関連記事
【レビュー】FFWD「F6R Carbon Tubular」 FFWDのチューブラーホイール。60mmハイトで、FFWDオリジナルハブを採用したモデルです。 【購入動機】 2011年の新東名レースのために購入。 60mmカーボンチューブラーで...

私が初めて購入したカーボンリムのホイールもFFWD。熱には弱かったですが、良いホイールでした。

RIDLEYの国内代理店でもあったジェイピースポーツがFFWDを取り扱っていましたが、2020年頃に取り扱いが止まっています。

ジェイピースポーツ自体が厳しかったようで、同社が抱えていたRIDLEY・スピードプレイも代理店が変更になっています。ジェイピースポーツの公式サイトも消滅。

ファストフォワード日本公式
FFWD、日本再上陸! 株式会社ライドアンドスマイルは、日本国内における正規輸入元として、オランダFFWD(ファストフォワード)製品の輸入販売を開始いたします。

FFWDは宙に浮いたままでしたが、2021年にライドアンドスマイル社が代理店を引き継ぎ、再上陸を果たしました(公式サイト)。

Bryton

GPSサイコンブランドのBryton。

cyclowired
ブライトン Rider20+ 日本語表示機能を追加したハイコストパフォーマンスモデル - 新製品情報2013 ブライトンより、シンプルで扱いやすいGPSサイクリングコンピュータ Rider20の表示項目をカスタマイズし、新たに日本語での表示と簡単なトレーニング機能を搭載したRider20...

2012年の初上陸時はラピエールやサーベロを扱う東商会が代理店を務めていました。

この頃のBrytonのGPSサイコンの品質はとにかく低く、マウントなどを含めて不具合が多発。すぐに名前を聞かなくなり、倒産したのかと思っていました。

cyclowired
コスパに優れるGPS搭載サイクルコンピューター ブライトン Riderシリーズ - 新製品情報2017 サイクリングをはじめランニングなど様々なスポーツ用のデバイスをてがけるブライトン。GPSを搭載しナビ機能などを備えたハイスペックながら手に取りやすい価格を実現した...

しかし、Brytonは死んでいませんでした。2017年に再上陸。品質もずいぶんと良くなったようで、Garminにかなり追いついてきた印象です。

関連記事
【アンケート結果】GPSサイコンのブランド 8/29~9/1まで実施した、「使っているGPSサイクルコンピューターのブランド」アンケートの結果発表記事となります。 アンケートに対して頂いたTwitterでのご意見を紹介...

当サイトにおいて実施したアンケートでは、Garminに次ぐシェア2位を獲得。日本ではすっかり定番のサイコンとなりました。

【2/7は「20%引きクーポン」+「2倍!」エントリーで更にポイントUP】ロードバイク サイクルコンピューター ブライトン ライダー 750 Bryton Rider 750E 【国内正規品】

まとめ

「昔はよく目にしたあのブランドは今どうなった?」を調べてみました。

今回気づいたのは、「日本から消えたブランドの中でイタリアンブランドの占める割合が異様に高い」ということ。

恐らくイタリアの会社が潰れやすいということではなく、日本ではイタリアンブランドが売れやすいので歴史が浅くても代理店が付きやすいのが理由なのかなと推測します。

愛用したブランドは長く続いて欲しいと思うものですが、生き馬の目を抜く自転車業界。10年後には今有名なブランドが「あのブランドは今」と言われているかもしれません。

著者情報

年齢: 38歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせていただきました。

記事のシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)

目次