【レビュー】GARNEAU 「COURSE」

評価:4

GARNEAU(ガノー)のエアロヘルメット。見た目は普通のヘルメットのようですが、風洞施設で実験を重ねて作られたようです。新城幸也の在籍するユーロップカーでも採用されています。今年のさいたまクリテリウムでも新城が被っていましたね。

購入動機

ニコルユーロサイクル駒沢の閉店セールで安くなっていたので購入。定価26000円が13000円。普通のヘルメットとしてみてもかなりの安さ。一応フラグシップなのでお得だなーと。

一応、GARNEAU側の言い分としては、某エアロヘルメットよりも高速域(40km/h以上)では優位性があるとかなんとか。ちょうど週末に平坦レースがあるので、そこ用の秘密兵器としようと思ったのですが……若干効果には懐疑的でした。

製品概要

IMG_5088.jpg

公称重量250g。実測重量332g。違いすぎて笑いました。

IMG_5089.jpg

正面から見た図。穴は開いていますが、凹凸はかなり少ないことが分かります。

GANRNEAU側の資料によると、距離40kmの単独TTを行った時に以下の効果があるそうです。

 1. 通常のロードバイク用ヘルメット
  → 53分20秒
 2. 他社のロードバイク用エアロヘルメット
  → 51分22秒
 3. GARNEAU COURSEヘルメット
  → 50分40秒

エアロではないロードヘルメットに対して2分40秒削減。本当なら凄い。

IMG_5090.jpg

面白いのは、フィッティング調整のダイヤルにマジックテープが着いており、そこにテールライトを取り付けられること。ヘルメットへのテールライトの取り付けには困るので、これは嬉しい工夫。

使用感

とりあえず、重さは「ズッシリ」と表現させてもらいます。手持ちの軽量ヘルメットより100g重いので、やはり首にも負担がありそうです。短めのレース専用、ヒルクライムやロングライドでは使いたくないですね。

また、ベンチレーションは通常のロード用ヘルメットと同程度に空気が通ります。特別暑いということはありません。

—-

まずはテストとして30kmほどの練習で使用。

最近メインで使っているのはSPECIALIZEDのPREVAILなのですが、どうもコイツは「ゴオオオ」という風切り音が大きく、特に高速域になるほどそれが顕著でした。対して、このヘルメットは40km/h超でも音が静か。他の手持ちのヘルメット(KASK VERTIGO, OGK REDIMOS)と較べても走行時の風切り音は静かであると言えます。通常のロード用ヘルメットに比べて空気抵抗の面では優位性がありそうです。

他社のロード用エアロヘルメットに対しても優位性はあるそうですが、これは試してないので良く分かりません。

-----

次に、60kmのエンデューロレースで使用。ド平坦、海っぺりで風の強いコースです。

集団では特に効果は感じませんでしたが、一回中切れした所をブリッジするために走った時や、単独で集団の先頭を牽いている時に、いつものレースよりもペースを保つのが楽な感じがありました。

単独で逃げる場面や、集団の間をジャンプする時には効果がありそうです。ちなみにレースは自分の担当分は平均40.9km/hほどでした。

まとめ

快適性をあまり犠牲にせず、エアロ性能を高めている中々優秀なヘルメットだと思います。プロチームユースなだけはあります。

GARNEAUは軽量ヘルメットであるX-LITE(195g)も展開しています。これだけ軽いメットを作れるメーカーがあえてこの重量で、しかも更に高い値段でこのCOURSEを売っているということは、エアロ性能に相応の自信があるということなのでしょう。

今後、ヒルクライム以外のレースでは出番が多くありそうです。しかしもう少し軽く出来なかったのかな……。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ) COURSE BLACK(5U8) S(52-56cm) 1405261S5U8 BLACK(5U8) S(52-56CM)
ルイガノ(LOUIS GARNEAU)
売り上げランキング: 1,485,327

評価

対象モデル:  GARNEAU「COURSE」
年式: 2014年
定価: 23100円(税込)
購入価格: 13475円(税込)

価格への満足度

9/10

ほぼ半額でしたので。

総合評価

8/10

性能は満足、重さに少し不満。

レビュアー情報

年齢: 30歳 (レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。