フレームオーダーの記録 (2本目/2019年 細山製作所 QUARK)

2018年10月13日にオーダー。前回同様、今回も塗装前のフレームを見せてもらうようにお願いしていました。

塗装前のフレーム確認

2019年1月6日、フレームが完成したとのことで、工房へと向かいました。

 

1本目より随分各部が太く、力強い印象があります。これがオーバーサイズのスチールフレーム。今回、フォークはRitcheyのカーボンフォークを使うので作成対象外です。

 

素のフレームも味があって良いものです。「ヤスリの細山」の異名を取る細山さん作フレーム。仕上げの綺麗さを堪能しました。

 

1本目のフレームで一番の心残りだった「ダウンチューブ下のボトルケージ穴」も指定通りの場所に付けて頂きました。

 

重量は、塗装前で1710g。1本目が1590gだったので120g増です。TT長560mmでオーバーサイズのスチールフレームという事を考えれば、この重量はかなり軽い部類に入ります。

塗装についての追加希望は無かったので、塗装業者に出してもらうよう依頼しました。

 

フレーム受取

一ヶ月後の2019年2月3日、フレームが塗装から上がってきたので受取に伺いました。

 

……なんか凄いことになってますね。想像通りというか、想像以上に格好いいフレームとなりました。

 

驚いたのは塗装の綺麗さ。1本目より明らかに艶が乗っています。「重くなっても良いので、厚めの塗装でお願いします!」と言ってはいたのですが、ここまで綺麗に仕上がるとは。ちなみに塗装後重量は1746g。36g重くなりました。

塗装に詳しい妻曰く、「これはかなり面倒な段階を踏まないと出来ないはず」とのこと。それだけあって塗装代は前回より大幅にアップ。約7万円ほど掛かっています。

 

支払い

フレームを受取、代金をお支払い。価格は21万円でした。

今回も明細は頂いていませんが、恐らく内訳は以下のような感じ。

・フレーム: 12万円
・パイプのアップチャージ: 2万円
・塗装代: 7万円

内金として入れていた3万円を除いた18万円を支払いました。

関連記事

車用のガラスコーティング剤です。業務用としても使われるものらしく、性能は確かなようです。 今回は自転車のフレームのコーティングに転用しました。 購入動機 ニューフレームのSCOTT「Foil」を購入するにあたって、少しでも傷などを[…]

フレームは一度持ち帰って↑のコート剤でガラスコーティングを行った後、新宿のエルブレス(2020年末で自転車コーナー閉店)に組み付けをお願いしました。

 

ガラスコーティング後。素晴らしい艶。

 

納車

2019年2月14日。フレームオーダー日から4ヶ月と、今回は結構短い期間で納車日を迎えました。

 

完成図。とても格好良く仕上がりました!

納車直後はホイールにSHAMAL ULTRAを入れていましたが、その後にRACING 3へと変更しました。

 

こちらがRACING 3入れ替え後の写真。SHAMALよりも格が下のホイールに交換した理由は、乗り心地。詳しい話はRACING 3のレビューに書いていますが、SHAMALはアルミスポーク、RACING 3はステンレススポークという違いがあります。ステンレススポークの方が乗り心地が良いはずなので、1200kmの攻略を考えてRACING 3を選びました。

その他のパーツ類は、ほぼ1本目からの載せ替え。9000系デュラエース(前後ディレイラーのみ9100系)で組んでいます。

組んでから既に2年ほど経ちますが、パーツ構成はこのまま。変わったのはチェーンくらいでしょうか(デュラチェーン→KMC 11X)。

細部写真

細部について、写真とともに紹介します。

 

バーテープはスパカズ。手のしびれ対策として、テープの下にFizikのBAR:GELを入れています。

 

パイプはCOLUMBUSのNEMO。ステッカーが可愛かったので、今回はフレームに貼ってみました。

 

余り見えない所ながら、こだわったのがBB。CHRIS KINGのBBが色味まで素晴らしくフレームカラーとマッチ。狙って履いたものの、ここまで同色になるとは思っていませんでした。本当はヘッドパーツもこの色で揃えるつもりでしたが、フォークの仕様で取り付けができなったことが悔やまれます。

 

シートステーは前と同じく半集合。色の塗り分けパターンは変えています。

 

懸念していた、ダウンチューブ下のボトルケージも、目論見通りスッキリと取り付けられました。ここの位置指定はちゃんとしたほうが良いですね。

 

改めて、この深い黒とワインレッドが良いです。なお、ブレーキワイヤーは露出する部分にカバーを掛けてもらいました。少しでも雨で錆びるのを防ぐため。ワイヤーは今回も日泉ケーブルで固めました。

 

現物合わせをするまで少し不安だったのが、愛用の大型サドルバッグとの相性。少しスローピングを緩めにしたので、サドルバッグとシート集合部の干渉を懸念していましたが、問題はありませんでした。

 

次ページ: 実走インプレッション


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)