「Epic Ride Weather」の紹介

計画の重要性はこれまで述べてきたとおりですが、文明の利器を使った計画の効率化方法を紹介します。

IMG_20180621_223718.png

今回紹介するのは、ルートに沿った気象データを表示してくれるアプリ「Epic Ride Weather」です。iOS/Androidに対応。


アプリ概要


「ルートデータ」「スタート時刻」「平均速度」を入力することで、通過予定地点の気象データを分かりやすく表示してくれます。キャノボの事前計画や、終了後の振り返りに使えると思っています。アプリとしては新しいようで、最近ブルベ界隈で話題となりました。

本アプリは有料アプリです。距離ではなく、「調査するルートの想定走行時間」で課金されます。10分=1[Forecast]という単位になっており、予めチャージしたポイントが引かれていくシステムです。利用開始後1ヶ月は試用期間となっており、1000[Forecast]まで無料で使用することが可能です。

  1[Forecast] → 10分
  1000[Forecast] → 10000分 → 166時間40分

キャノボの計画を立てる場合は24時間から少し余裕を持って23時間30分と仮定すると、1410分。1回で141[Forecast]使うので、7回で987[Forecast]まではギリギリ試用期間中に試せることになります。試用期間終了後は恐らくGooglePlayやAppStoreでの精算となると思うのですが、まだ試せていません。


使い方


では簡単な使い方を解説します。例として、以下のケースでシミュレートしてみます。

 ・ルート: 大阪→東京キャノンボール (525km)
 ・スタート時刻: 2018年6月24日 12:00 (本稿執筆時点で未来時刻)
 ・平均時速: 22.2km/h (23時間30分で走破を想定)

(1) ユーザ登録
まずはユーザ登録が必要です。

(2) ルートソースの選択
Screenshot_20180624-100656.png

本アプリはルートデータを読み込む必要がありますが、そのソースには各ネットサービスを指定することが出来ます。StravaやRide with GPSと言った世界的メジャーサービスは登録されていますが、ルートラボには非対応です。GPXやFIT形式のファイルにも対応。そちらの方法は、ひであさんの記事が詳しいです。

  向かい風を制せよ!! Epic Ride Weather レビュー - ひであ観察日誌

今回はStravaを選択しました。ここで各サービスへのログインを行います。

(3) ルートデータの選択
Screenshot_20180624-_100824.png

ログインが成功すると、自分の作成したルートが表示されます。ここから、シミュレートしたいルートを選択します。

(4) スタート時刻、平均時速の入力
Screenshot_20180624-100904.png

ルートデータが読み込まれ、画面上に表示されます。そして、スタート時刻と想定する平均時速を入力します。キャノボならば22km/h前後、ブルベならば16km/h前後で入力するとギリギリ達成可能なシミュレートとなるはずです。

なお、スタート時刻は未来時刻・過去時刻ともに入力可能です。未来時刻が何時間先まで設定可能かは不明ですが、未来になればなるほど不正確になるはずです。シミュレートをするなら直前が理想でしょう。

(5) 結果表示
Screenshot_20180624-100929.pngScreenshot_20180624-100946.png

結果が表示されます。表示されるデータは以下の4項目です。

 ・Temperature (気温)
  →気温が時系列で表示されます。
 ・Precipitaion (降水量)
  →降水量が時系列で表示されます。
  →スタート時刻が未来だと表示されないようです。
 ・Wind (風速)
  →平均風速が時系列で表示されます。
  →Wind Gustは突風を表す言葉なので、最大風速を指していると推測。
 ・Wind Direction (風向)
  →地図上に風向きが矢印で表現されます。矢印が大きいほど風速大です。
  
キャノボ計画時に見るべきポイントは以下です。

 ・追い風区間の割合
  →向かい風基調でないかを確認します。
  →キャノボでは100%追い風となることは稀なので、7割以上が追い風であれば好機です。
 ・山の上の気温
  →箱根や鈴鹿近辺の気温です。防寒具をどれだけ用意するかの判断材料になります。

注意が必要なのは、あくまで「平均時速」しか入力していないこと。速度の落ちる箱根の前後では予報が若干不正確になるはずです。

今回のシミュレーションを見ると、スタートから静岡までは追い風基調、箱根以降は若干の向かい風。なかなか風的には良い条件ですね。気温は箱根でも18度前後と寒くはないですが、時間によっては30度近くになるので暑さ対策が必要だと判断できます。


まとめ


時間をかければ各地点の風向や気温は天気予報サービスで調べられますが、移動中の各地点について調べるのは結構大変でした。それらの手間が省け、他の計画に集中出来る良いアプリです。有料アプリですが、それだけの価値がある機能を持っていると思います。

私は試用期間後も必要な時はForecastを購入して使用する予定です。Forecastは有効期限があるので、目標のライドの直前に購入するのが良いでしょう。

(完)
関連記事



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示